まだ読めてないけど、中沢新一『ポケモンの神話学』という本を注文した。ずっと読みたかった本。  資本主義とか新自由主義とか、規律社会とか管理社会とか、アサイラムとか、そういうことが関係しているんじゃないかってわたしは睨ん […]
 子宮推命は四柱推命の流派の一つ--だと思ってるんだけど、 四柱推命には十二運勢という、西洋占星術でいうところの十二星座みたいな、個性やこの世に持って生まれてきた役割を表す星がある。 【絶】【健禄】【帝旺】っていうのが、 […]
ジョナサン・スターン『聞こえくる過去 音響再生産の文化的起源』インスクリプト 2015年  の講読メモです。  水色の箇所は本の内容ではなくわたしの感想や推察です。 灰色の部分はわたしの注です。 緑色の部分は、文章の内容 […]
 最近すっごいブログのキレが悪い。  その理由はすでに超分かっているんだけど、卒制がめっちゃ悩ましいからだ。  いくら学校で制作する作品だからといって、先生に突っ込まれない作品だとか褒めてもらえる作品だとかを作ったってし […]
 このブログを読んできてくれた人ならわかると思うんだけど、わたしはとっても尖っていて自分本位です。  というより、合わせようとしてもなんか突き抜けちゃう変人のくせに、まわりに頑張って合わせようとし続けていて、その徒労のせ […]
 なんかね、落ち込んでる時……というよりピカピカ元気!ってわけじゃないとき、自分の底から「あいしてほしい」「あいされたかった」って言葉が湧いてくることがあって。 言うの恥ずかしいんだけど!!!!!  それは自分の小さい頃 […]
 病んでるけど病んでない。  それがわたしを表すわかりやすい形容詞だと思う。  病んでるんだよ、過去から引きずり続けて今もなお尾を引く感情をぶちまけると、徹頭徹尾病んでる。 そして今まで、それはいつか浄化されきる時が来る […]
 このブログ、少なくとも母はたまに見ているっぽいので、ちょっと恥ずかしいけど、赤裸々に書きます。  わたしは色々あって、父のことは好きだけど、同時にすごく怖いと思ってた。 これはもう、下手したら物心ついた時からずっとかも […]
 つよくなりたかった。 自分一人でどこでも生きていける人になりたかった。  小学4年生の時、学校に行けなくなって、「ああ、わたしはもう自分で生きていくしかないのかもしれない」って思った。 どこか組織に属することはできない […]
 わたし、何者でもない。  ずっと何者かになりたかった。 なりたいってか、何者かであるかのように生きてきた気がする。 なんか、自分にはそれだけの影響力っていうか、力があるような気がして。 その分、責任がある気がして。 立 […]