音と音の間、あるいは音の裏、にある沈黙を聴くこと。この、ぜいたく。 私はいま、それにとても興味がある。 現代はもう、騒がしさは自由の象徴では、解放の象徴ではなくなったんじゃないかな。豊かさではなくなったんじゃないかな、ど […]
カテゴリー:
タグ:
最近リュック・フェラーリが面白い。多分これから先、私は彼を北極星として創作を行っていくんじゃないかなんて思っている。北極星というのはつまり、必ずしも彼に従って、彼を目標としていくのではなく、ただ、彼がそこで光っていてくれ […]
カテゴリー:
タグ:
”自分のペース”がやっと取り戻せて、グラグラしていた足元がしっかり地面を踏みしめられるようになってきた気がする。もしかしたら、これまでの世界に対する不信感は、自分が自分に合った速度で自転できていなかったからだったのかもし […]
カテゴリー:
タグ:
2018年12月4日に書いたものが出てきたので乗せてみます↓ 私とは、家。 私が何を思っているのか、何をわかってほしいのか、何を書きたいのか、何者なのか。 それが分からなければ、「私の作品」は作れないと思った。 私はずっ […]
カテゴリー:
タグ: