”コントロールしなければ”という病

 結局のところ、自分で自分をコントロールしなければと思うこと……もっと言えば、「自分はコントロールできるものだ」と思うことが苦しさの元凶なのかもしれない。

 最近思うけれど、現代人にとって一番身近な自然とは、自分自身の身体と心なんじゃないだろうか。

「自然を大切に」なんて言うけれど、一番自分のそばにある自然(つまり身体や心)を理性(つまり頭)によってコントロールしよう、完全に支配下に置いて一挙手一投足制御しよう、なんて考えてはいないか。

「自分の身体を乗りこなす」なんて表現があるけれど、人間の身体も心も、自動車みたいに「物体としては完全に死んでいて、人間が動力を搭載して起動してひとつひとつ操縦してやらねばウンともスンとも言わず動かないもの」なわけじゃない。むしろ毎日毎日、立派に自分の流れを作って保ち続けている。乗り物は乗り物でも、身体や心は「生きている乗り物」なのだ。

 わたしは体調なんて天気や……もっとミクロに言えばその場の臭いなんかによってまったく変わってしまうし、感情も機嫌もめっちゃ波があるけれど、もはやその手綱を握ることは諦めた。
 諦めてしまったほうが、かえってわたしの精神衛生上は楽だった。普通になることよりも、わたしはこの身体と心に乗ったら何処へ連れて行ってもらえるのかを探求してみたいと思った。

 わたしは人に怒気を浴びせられたり(あるいは自分に向けての怒気でなくても「もらって」しまう)、価値観を押し付けられて相手の言う通りにしなければ解放されないような環境に追い込まれる(もしかしたらこれもわたしが思ってるだけかもしれない)とパニックになるので、そうならないように自分をコントロールして、状況を、事態をコントロールしようとしていたけれど、どれも完全にはできないし、そもそもたとえ誰かに怒られてでもやりたいことがある時点で、いつまでもパニックを避けるわけにもいかないと思い始めた。

 コントロールできるものじゃない、天気とか、災害とかみたいな自然と一緒で。

 そう思ったら、わたしがわたしを監視することも、「どうするべきだ」に捉われることも、いつも自分が正しい行いをしているのかと疑い続けることも、ほとんど意味がない。

 ルールを掲げてより良い自分になろうとすることは、結局のところわたしを縛っていた(この”自分で定めたルール”とうまい付き合い方ができる人もいる、すごい。わたしにはどうやったらそれができるのか全然わかんない!)し、それは単にコントロールしたいだけだったのだと思う。

 人類は昔から、何度も自然に打ちのめされてきた。それがトラウマになって、「あれ」が二度と起こらないようにするにはどうしたら良いんだろう、と考えた。理由を探して神話を作ったり、神の怒りを鎮めようと祈ったり、魔法や占いを使ったり、科学で対抗したり。
 それと近いことをわたしはしていたんだと思う。

 誰かに怒られて、意見を押し付けられて自分の声を封じられて、それがトラウマになった。だから「それ」が二度と怒らないように、良い子になろうとしたし、人の(特に偉い人の)顔色を伺えるようになったし、先読みの能力を磨いたし(敏感すぎる上に記憶力が妙に良いきらいがあるので、そこを使った)、自分の本音を隠して煙に巻く技を編み出し(相手が絶対に意味を取れないような電波発言をして「わからなくても良いよ」と言う”イカスミ作戦”、etc.)、いろいろなことを学んで自分を律するルールを作ってそれを守ろうとした(実はだいぶストレスだった)。

 でも、それらの事物……起きてしまうことも、自分の身体と心の変動も全て、自然……森羅万象と同じでコントロールできないことなんだろう。

 全てはわたしの責任ではないのだ。

 わたしは何も悪くなかったし、責められる必要も、努力する必要もなかったのだ。
「あれ」が起きたのはたまたまで、わたしが何か間違ったことをしたからではなかった。

 なーんだ。

 そうならそうともっと早く言ってくれよ。

久々にパニック来ました。

何もかも怖くて、自分が信じられなくて、また同じように苦しい思いするのは嫌だ、でもどうしたらいいのかわからないよ、苦しいよ、助けてよ……って、だいぶやばいパニックに陥ってました、こんにちは。

こんな気持ち久々だなあ。

どうしてみんなと同じようにできないんだろう。どうしてこんなに情緒が安定しないんだろう。毎日同じように動けないんだろう。

無理だよ。授業はすげー面白いんだけど、学校ってシステムつらすぎ。いつも同じようには動けないよ。元気な時もあれば鬱な時もあるし、今日みたいにドキドキして落ち着かない時もある。それでいてその1日1日が、過ぎ去って仕舞えばどうしてそんな気分でいたのかも分からなくなってることが大半でさ。

自分で自分が1番、そういう意味では信用できないよ。どういう意味かって、昨日と今日と明日の自分が同じであるかどうかって意味。

そんなわけないじゃん。

今日は風がとんでもなく強いので、外の天気に同調してるのかなーとか思ったりするけど。

何か大きな変化の前触れなんだろうなって思うけど。

でも書いてたら段々楽になってきた。

できることとできないこととか、好き嫌いとか情緒とか、そういうの平坦にするように教育されてきたし、そうでなきゃ社会でやっていけないよって言われてきたけどさ、本当にそうなのかな。

やめてよねって思いませんか。

どうして自分のままじゃいけないの。変われないわたしは生きてちゃいけないの。

ああ、書いてたらやっといつもの調子が戻ってきつつあるわ。開き直れるようになってきた。きっと大きく前進する前の揺り戻しなんだわ、これ。デカすぎでしょ、びびるわもう。やめてよー。

”ブログのネタができたからそれで許して“って、これを仕組んだ見えざるモノというか(それは内なる我=自分の潜在意識ってやつだと思うようにしてるけど)から返事が来た気がする。うん……それはそうなんだけどね? でもだいぶきっつかった。

けど、意外と生き延びられるものだね(パニック発作は「これが永遠に続いたらどうしよう、また来たらどうしよう、苦しすぎて死ぬ」という思いに取り憑かれてしまうものです)。分かってたんだけどさ。分かってても、パニック中はどんなに自分にそう言い聞かせても効果はない(パニックが終わるまで待たなきゃ恐怖がなくならないのはまあ、それが発作なので当たり前っちゃ当たり前なんですが)からめっちゃきついんだけどね。

数分前の自分じゃ考えられないわ。こんな風にまた書けて、誰になんと言われてもまあわたしはわたしだしみたいにまた思えるようになるとは。

後から振り返ったら、今日って日は何かの境目になるのかも。

こんだけきつかったんだし、そもそも今日は何か朝から落ち着かなかったんだよね。これはもしかして、いまのわたしにはよく分からない何かを察してたからなのかも。もしそうだとしたら、それがなんなのかは少し楽しみ。

けど疲れたー。よく行くお店でらーめん食べよっかな。

もう立ち直ったので、いま書き終えてこの記事の最初の方読み返したらもう過ぎ去ってる想いが書いてあってウケた。今泣いた烏がもう笑いすぎでしょ。あはは。

あったかいごはんはすごい。

あったかいご飯でお腹が満たされて、じわーっと汗をかいたり眠たくなったりしたときのあの充足感と幸福感がね、わたし、大好き。

炊きたてのご飯と具沢山の味噌汁、シチューとかスープもいいな。野菜の優しい味が解けたおかずとかも。

それ感じてるときはさ、ああ、この快楽を感じられる身体があれば、たとえわたしがどんなにダメ人間でもだいじょうぶ、幸福になれる、って安心感を持てる。

地に足ついた、無条件の幸福。

身体中に血と力と正しい熱が巡って、わたしを守ってくれてるのがわかる。

これがわたしにとって真の冷え取り。

ご飯は偉大。

わたしの身体は案外そうやって単純にできてて、昨日あれだけ絶望したのに、いまは美味しいもの食べただけでうっとりしてる。あとはゆっくりお風呂入って寝たら完璧。

内臓から温めるの、すっごく気持ちいいよ。

けんこくせんげん。長いし、建国宣言してないし、久々にとても自分を掘っています。ずしっとしてるので注意。

 いまちょっと悲しい気持ちなので、悲しい気持ちを書きます。

 わたしは人からの連絡にすぐにレスポンスを返すことができないことがある。特に畏まった文章を書かねばならない時に。
 常識的な言葉遣いができているかとか、このニュアンスを表すのがこの言葉でいいのかとか、なまじっか細部まで気づいてしまうゆえに、怒られるのが怖いゆえに、考えるのがとんでもなく面倒なのだ。
「ちゃんとした言葉を使わないと嫌われる」ので。
(かと思えば即時レスポンスできることもあるんだけど。そこは本当に調子次第)(とはいえそういう言葉周りについては、今までトラブルになったことはない。親しい間柄にも礼儀正しすぎて硬いと言われたことはあるが)

 他にも忘れ物がなくならないわ失くし物を自分じゃぜんぜん見つけられないわ時間や期限を守れないわ(守るようにめっちゃ気をつけてるけど、たぶん気を抜いてると守れない)ケアレスミスがなくならないわ、たくさん確認してもミスを無くそうと一応めっちゃ頑張ってるのに一向に減らないわで、まー頼り甲斐のある人間ではないですね。とてもじゃないけど。

 でもわざとやってるわけじゃないし、無くそうと自分なりに頑張ってるんですよう!
 でもそうすると身体と心がクソほどしんどいんですよう!
 朝起きてから夜寝るまでずーっっと車運転してるみたいな緊張感なんですよう! 車の免許持ってないからわかんないけど!
 あるいは常に何かの実技試験受けてる感じって言ったらいいかな!!

 困ったことに、ポンコツな部分を出すまいとすると常に気を張っていなければならないのだが、気を張っていたとしても結局失敗はなくならないので、自信をなくすし恨みが溜まっていく。
「なんでわたしばっかりこんな、誰に認めてもらえるわけでもなく(努力しているようには見えない)、得をするわけでもなく(頑張ってやっと人並みになれる程度であり、というか人並みにもなれない)、楽しいわけでもない(当たり前である)努力を一生続けなければならないわけ???」
「わたしが何をしたっていうわけ????」
「は? 薬とか飲むかバーカ、わたしはわたしのままで生きてやんよかかってこいや(外界に対する漠然とした不信感や敵愾心)」
 そのまま拗ねていくと、
「もういいもん。誰も助けてくれないもん。一人でだって生きてやるもん。一人で生きるにはどうしたらいいんだろう。強くなりたい。力が欲しい。お金が欲しい。支配し返してやるんだ。復讐してやる。今に見てろコンチクショー!」
 ……みたいに闇落ち状態になる。
 わたしのいつものパターンである。客観的に言葉にして読むとほんと漫画みたいだ。
 で、それでいっそのこと強くなれればいいのだが(いや別によくない)、自分で言うのもなんだけどわたしって根が優しい良い子なので、誰かに寄り添ったり相談に乗ったりしてその誰かがちょっと楽になったり元気になったりやる気を出してくれたりすると心がふわっとあったかくなっちゃうし自分もなんか活力をもらえちゃって幸せな気持ちでその日眠れる、みたいな人間なので、殺傷能力ゼロのヒーラーにしかなれない。
 最近はそんなヒーラーな自分を気に入ってきたし、それは今も揺らいでいないけれど、悲しいものは悲しいし闇落ちするときはするのである。

 人は成長するものかもしれないけど、わたしは成長しないし変わらない。
 成長しようと、人に迷惑をかけない一人前の人間になろうと頑張ってきたけど、結局心を病んだだけだった。
 残ったのは、不甲斐無い自分自身と誰も助けてくれない世界に対する失望感だけ。
(それがすごく偏った見方だったのは今はもう気づいてるけどね、たまに落ち込むとそこに戻っちゃうこともあるって話)

 だから、わたしがこのまんま、なんのストレス(身体と心に悪いストレスね)も感じずに生きていける環境を自分の周りに作るしか、パターンから抜け出す方法はもうないのである。
 いや〜、もうわたし対世界みたいなスタンスで生きるのはほんとやだ。

 例えば、
 自分の思いつきをすぐに形にできて、何時間でも好きなだけやり続けられて、やめたいときにやめられて取り掛かりたいときに取り掛かれて、それで生きていけるような環境とかどう。最高じゃないっすか?

 どうせ生きていかなければならないし、この悲しみも恨みもなくならないのなら、毎日好きなようにやり続けて天寿を全うしなきゃ割りに合わない。
 というか、このままループを繰り返して恨みを溜め込んで生きていたら、いつか爆発して病気になったり(すでに鬱とかパニックとかにはなったけど)、一番最悪なパターンとしては犯罪を起こしたりしてしまうかも。
 いやいやいや、そんなことになるくらいなら、好き勝手やったほうがむしろ迷惑にならないって。

 ちょっと話がそれるけど、犯罪って全然他人事じゃないと思う。誰だって抑圧した感情を溜め込めばみんな犯罪者になっちゃうと思うから。
 溜め込む感情は別になんでも関係なくって。
 なんでかっていうと、感情を抑圧すると、初めはそれが愛だったとしても、悲しみだったとしても怒りでも、それどころか喜びや嬉しさでも、抑圧されたってだけで全部恨みに変わるから。
 抑圧された恨みがどうっていうか、抑圧された感情は全部恨みなんだと思う。
 だから、ちゃんと消化できなかった感情が溜まれば溜まるほど、自分や他人を攻撃する。呪う。祟る。
 そんなの、ことの大小はあれどそもそも日常生活で起きてるし。
 嫌味とか、妬みとか、陰口とか、仲間はずれとか、いじめとか、嫌がらせとか、虐待とか、犯罪とか。ことの重大さっていうのは確かに違うだろうけど、メカニズムは一緒なんじゃないの、とか思う。

 ……でも、環境に迫られて感情を「抑圧させられた」と言えるのと同時に、自分自身で「抑圧した」とも言えるっちゃ言える。いや、それは自分が悪いとかっていうよりかは、自分自身にも打てる手立てはあるということ。

 その一環で、わたしはここに感情を吐き出しているということなのです。
 悲しい、ふざけんな、恨みが溜まる、やってられっか、好きにやらしてもらうわよ、って、ほんとうは言いたいのにうまく言えなかったことを、ここでちゃんと言葉にしてみてる。

 ……ほんとうは一番聞いてほしい相手に、父に、言った方がいいのかもしれないけど、ちょっと勇気が出ない。
 父を悪いやつにしたいんじゃなくて、ただ、聞いてほしいのは彼だからってだけ。でも、やっぱりちょっとね、怖い。
「やってもできないんだよ」って言って、「やろうとしないだけでしょ」って言われたのが忘れられなくてさ。
 もう過去のことで、引きずってるのはきっとわたしだけなんだと思うけど。だいぶショックだったから。もう頼るもんか、助けなんか求めるもんかと思った。その時に怒り返せずに、「やっぱりそうなんだ、わたし頑張りが足りなかったんだ」って思っちゃった自分にも腹が立つし。
 ほんとにできなかったんだよ、おとうさん。
 ほんとにほんとに、いっぱい頑張ったんだよ。そうは見えなかったかもしれないけど。正しい努力じゃなかったかもしれないけど。
 もう疲れちゃったよ。
 おとうさんだって色々頑張ってきたんだろうからさ、わたしにできないはずないし、できないって言うのはぜいたくだと思うかもしれないけど、でもそのぜいたくはもう時代的に仕方のないことだから諦めて。
 ぜいたくしたいから時代って進歩するわけじゃんか。ぜいたくって偉大だと思うよ。
 だからわたしのバカなところは、きっと時代を進歩させるんだよ。
 それをおとうさんに見せるから、見てて。

 さて、話を戻すけれども、つまり自由に生きていこうとすることはわたしの治療なのだ。この恨みをきちんと成仏(?)させるための。
 そうしなければわたし自身を含め、周りにいる色んな人の心や身体や命が危ない。なんて、大げさかもしれないけど思っている。

 わたしはまともな人間になんてなれないし、まして立派な社会人になんてなれない。それでも毎日楽しく生きていきたい。
 夢みたいなことを現実にしたい。
 今すぐにじゃなくてももちろんいいし、その過程も自分のペースで自分に無理ないようにじゃないと意味がないから、焦らずに、「普通」にとらわれずに。今までの「無理」をいちいち疑って確かめて。

 ってか、それぐらい願う権利、誰にだってあるでしょう。
 えっ、あってくれなきゃ困る。
 今なに時代よ?

せんせんふこくとへいわじょうやく

どんなにしっかりしようとしてもね、しっかりすればなくなるはずのミスも弱さも無くならなかったよ。

私だっていっぱい工夫したし努力したし失敗したし反省したし改善しようとしたの、そうは見えなかったかもしれないけど。

ずーっと覚束ない脚元を見て玉乗りをしてた。この先にどうなってしまうのかわからないで、いつかは落ちちゃうんだろうなと思いながら、寿命までにそんな日が来なければいいと祈って、そのために色んな知識やルールを身につけながら。

でもそうしてたらね、恨みがいっぱい溜まった。

なんでわたし、こんなにずっと頑張り続けなきゃいけないの?

わたしが自然体に生きたって、みんなすぐ眉を釣り上げて怒るくせに、みんなはずるいよ。

どうせ助けてくれないし、優しい顔でわたしを正そうとするくらいなら、永遠にほっといてよ。完全な孤独をくれよ。

この先の人生ずっと、こんなに頑張らなきゃいけないなら、もう娑婆で生きていきたくないよぉ。

死にたいも、出家したいも、仙人になりたいも、神様になりたいも、けっきょくほんとうの本当の願いはいつも「楽になりたい」だった。

いつもマラソンを走ってるみたいだった。

ゴールしてもすぐにまた何かしらのスタートがあって、走らなきゃいけない。気を抜いちゃいけない。息継ぎとかキャッチアンドリリースぐらいの合間しかない。

いや、いやいや、わたしだって普通に酸素吸いたいんだけど!?

どんなに頑張ったって普通になんかなれないし、当たり前のことなんかできないし、怒られないように注意されないようになんてできないよ。

もう怒られないようにするのやーめた。

だってできないもん。

このまま頑張り続けて恨みや憎しみを溜め込んでいくくらいなら、もう絶対変わってやらないし、なにもかも聴き流してやるわ。

音楽用の耳せんのおかげで、わたしは前より大きな音も、人の強い感情も、外の世界も恐くなくなった気がした。少しだけまえより鈍感で、他人にとって都合の悪い人間になれた。

人の声を棄てられるようになった。

他人をちゃんと背景にできるようになった。

自分の考えすら取り憑かれたように考えちゃうのに、人に言説に取り憑かれたらさらに地獄だわ。

地獄だったわ。

もう目立ったってしょうがない、まともじゃなくたってしょうがない。

なによりも私の身体が大事だから。

諦めて、怒られよう。

それがわたしに必要な勇気なんだとおもう。

せんせいはいらない

自分を導いてくれる誰かのいうことを、いいたいことを、誰よりも正確に汲んで、その通りにすれば、わたしは幸せになれるって思ってた。

優等生してた。

だけどそうじゃない、

わたしがわたしを幸せにするってことの意味、やっと分かってきたような気がする。

今日はいっぱいはたらいた。

眠いので就寝。

今日のせいか! 2019-05-08

タスクを整理するなら、最低限の、絶対絶対ぜーーったいにやらなきゃいけないことだけ書き出せばいいのに、思いつきで無駄にタスクを増やすから頭がこんがらがるのだなあとわかった。

わたしはもっと好きな友だちに会ってエネルギーをもらった方がいいみたい。
わたしの言葉を話させてくれる友だちと会って話す。
わたしの元気のなさは1つには、誰かと関われていない無力感が原因なのかもと思って。

今日はやたらCubaseが落ちる日だった。プロジェクトの軽量化を図ったので明日からは落ちないといいな。

作曲……作曲、どうしたらうまくやれるかな。うがー。

人に相談するときに、「相談」なのに固めた答えを言わないと怒られると思っちゃうのやめたい。自分の中で固めちゃってからだと融通効かなくなるから、「相談した意味ないじゃん」ってなるかもしんないし、何より人に相談するハードルが高くなりすぎて大変だもんね。

いろいろやらなきゃいけない事があって、充実してるかも。忙しいけど。
目の前のやることをしっかり見てみるっていうのも大事だよね。いままで「未来を見通して」ばっかりいたから、もう少し目先のことを考えるぐらいで釣り合いが取れるはず。

今日はこんな感じでした。
おやすみなさい。

2019-05-07

なんだか、何かが動き出すような気がする。
できないと思い込んでいたこと、それは「できない」を「できる」にすることなのだけれど、もしかしたら、わたしにもできるんじゃないかって。

I feel the luck coming to me.
I’ve believed that I can’t make me capable of what I can’t so far,
but now, I doubt it.

2019-05-06_物語に呪われていた。

わたしはずっと、生まれてからずっと、物語のおかげで生きて、安らいで、学んできたけれど、同時にずっと物語に呪われ続けていたことに気づいてしまった。

わたしは物語を盾に、都合のいい理想を押し付けられ続けてきた。

古来より物語は道徳を説くために使われてきた。
わたしは次々と事件の起こる物語から、身を守るにはつかの間の喜びを得てはいけないのだと誤った学びを得てしまったし(それは物語を面白くするには不可欠の仕掛けだが、現実は必ずしもそうできているわけではないのに)、
何より、自分が物語の中の人物たちのように逆境を乗り越える力を持っていないこと(と、わたしは成長していく中でいつの間にか信じ込まされていた。これは物語のせいではなくて、他の要因と複雑に絡み合った結果だけれど)、”ふつう”でないこと、美点を持っていないことに絶望した。
その美点とは努力だったり、忍耐だったり、勤勉だったり、社交性だったり、義理堅さだったり、行動力だったりした。
いつの間にか、わたしは物語の世界からも閉め出されがちになった。

それが恐ろしくて、ほんとうは、心の奥底では、自分の物語が誰かを楽しませることを拒んでいたのだと気づいて、途方にくれた。

物語を書くということは、何か結論を出すということだ。
物語の中で誰かを救うということは、正しさを決めるということだ。

少なくともわたしの物語がそういうふうに読まれてしまう可能性をなくすことなどできはしない。他人を操作することなどできないのだから。

わたしは恐ろしかった。
わたしの物語が、誰かを押し潰しはしないだろうかと。
誰かを理想化するために、操作し改造(ほんとうは他人を変えることなどできないから、結局それはただの歪曲になってしまう)するために、思い通りに従わせるために使われはしないかと。

それが怖くて、分かりやすい物語も、面白い物語も、ほんとうは心の底では書くことを拒否していたのだと気がついた。

「……めでたしめでたし。だから、あなたもこの主人公のように〇〇しなさい。そうすれば……」
という決まり文句がちらついて、そのたびに、わたしはあの、誰もわたしに共感してくれず、どこにも居場所がないような感覚を味わう。

教訓は人を呪う。
人間は教訓を守って生きていけるほど賢くできてはいないからだ。
それなのに……

わたしが物語に呪われてきたのは、物語がずっと教訓の影を従えてきていたからだ。


わたしは、この呪いとどう戦えばいいのだろう。