この記事ではご心配をおかけしたが、その後無事に自然に生理が来た。
 実に何年かぶりかもしれない「自然な」生理である。

 わたしは生理に関しては結構思い入れがあり、子宮系という概念に出会う前から、なんかここに人生のヒントがある気がするという直感を得ていたので、自然に生理がまたきてくれることはわたしにとってとても大事なことだった。

 わたしは勝手に緊張しすぎてしまったり、他人の期待に応えようとしてしまったり、とにかく勝手に抱え込むきらいがあるが、生理中はとてもじゃないがそんな場合ではないので、人に気を回しすぎる自分の気質が強制的にオフになる。
 この、強制的にオフになるからこそ、完全に「休む」ことができるような感覚がとても重要な気がしている。
 とにかく生理の時だけは、他人に怯えず、緊張しない自分でいられるのだ。「ただ生きているだけ」、「ただ命だけ」のわたしに戻れる感覚がある。
 その感覚を基準に生きていきたいから、生理中の時間はわたしにとって「ホーム」なのだ。

 自分の、おそらく人一倍過敏であろう感覚が、生理の時は8割ぐらい自分の内側に向く。本当は普段からそれぐらいでありたいものだ、他人に気を回したって疲れてしまうだけだし、大切なことはだいたい自分の中にあるから。

 だのに、「ふつうに」生きようとすると、生理中でも学校に行かなきゃいけなかったりする。
 わたしが中高苦しかったのは生理じたいではなく、生理なのに動かなきゃいけないことだったのだ。生理なら大手を振ってお休みすれば良かったのだ。良い子の自分も、社会的な自分も、大人しい自分もお休み。
 そう、わたしは本当は全然良い子でもないし、社会的でもないし、過激で跳ねっ返りで飛んでる人間だ。

 生理の時の感情の昂りは、普段押さえつけている部分が出てきているような感じもする。生理中はちょっとしたことで絶望的な気持ちになったりするけれど、普段は自力で(考え方を変えるとか、勇気を出して行動してみるとか)なんとかしようとしていることを、生理中だけはわがまま言いたくなる、っていうのも、人間としては自然かなと思う。
 波があるというのは大切なことで、生きるというのはそういうことなのだから、どんな感情も、どんな自分も許そうと思えるのだ。

 うまく言えないけど何が言いたいかというと、生理があるのに外に出たり人と関わったりできる人ってすごいね〜って思うし、わたしは逆立ちしたってやりたくね〜っていうことだ。
 学校に行って帰ってくるだけで倒れるほど疲れるわたしには無理だ。ばいびー。
 むかし「頑張って」「体力をつけようと」とか、「慣れて平気になろうと」とかしてた自分がかわいそうすぎて涙が出てくる。
 無理なものは無理だ。そこに無理を重ねたって、恨みと悲しみの怪物になるだけだ。
 ついには「なんで子宮なんてもって生まれてきてしまったんじゃい!!!!!」って、自分の生まれを、性別を、身体を、内臓を恨んだりして。
 そんなの全然わたしの望みじゃなかった、わたしは自分の身体を大事にしたかった。
 そのためには「社会性」とやらが邪魔なのだ。

 自立なんてしてたまるか。
 わたしはみんなに頼って生きていく。

 生理はわたしにそれを教えてくれる。
 孤独にならない方法、搾取されない方法を。

 幸福な人生のためには自立した個人であることが大事らしいけど、
 自立なんて物質的なことだけじゃなくてメンタル面でいくらでもできるし、
「自立した個人」の定義だって生理がないか生理が軽い人間が作り出しているならそれに従っても苦しいだけだ。知るかいな。
 わたしはごく自然にストレスを感じて辛いって言ってるだけなのに勝手に困難症にされても困る。だからわたしは自分が困難症にならない環境を自分で作る。

 要するに、生理の時は休みたいっていうことです。
 生理の時は休むべきなのに、なんで薬飲んだり「対策」したりして動かないといけないわけ???? 薬飲んだり対策したりするのはあくまで自分のために痛みを和らげて上げるためであって、動くためじゃないでしょうが。と思ってしょうがないということです。
 まあ別に自分以外の人がどう考えていようがいいんですけど、生理でも休まず動くのが普通みたいなのはやめてほしいな〜っていうかわたしはその考え方は採用し〜ないっ!っていう恨み節です。
 自分の身体を麻痺させて、自分の感覚を麻痺させて、一体何になるつもり????っていう。
 まあ、今の自分が過去の自分に怒ってるとも言えるんだろうけど……過去の自分は子どもだったからしょうがないっちゃしょうがないかなあ。
 人間の身体がもともと持っているものを、矯正するんじゃなくて活かしていけば良いのでは?っていう。
 所詮人間は動物だし、所詮人間は肉体なんだよ、それを超越することはできないんだから、むしろ獣の部分や肉体の部分を大事にしていかないとこの先種族として生き残っていけなくねえかな。っていう(どこから目線だよ。でもそんな確信がある)。
 こういう「確信」とか直感とかも、大真面目に受け取って実践して生きてみたいの。

 今回も要領を得ませんが、生理に関して似たようなこと思ってる人がいたら、あなただけじゃないよー!!!!