「ほんの一握り」って言葉がさ、わたしは大嫌いなんだよね。

 そんな呪いのような言葉を唱えてくれるなよ、って、ずっと思ってた。

 夢を叶えたいと思った時から。
 夢は叶わないって、小学校の時にもう、同級生の友達が言い始めた時から。
 音楽や文芸に関わり出した時から。

 何でそんなこと言うの!?!? って思ってた。

 ほんの一握りなのは、きっともっと別のことでしょって。
 そもそも、一体その「一握り」って、わたしたちが誰に握られるって云うの?って。

 その手は、いったい誰の手なの?

 神?
 運?
 縁?

 じゃあ、その神とか運とか縁のことを、「ほんの一握り」とか云うあんたは、ちゃんと考えたことあんの?って。

 そりゃ、さ、未来のことはわからないよ。

 自分がどこにいるのかも、この先どこにいくのかも、いつまで行ったらどこに辿り着くのかも、何もわからないし、確証も無い。
 そんな世界を生きていくのは、簡単じゃない。
 ましてその中で、辿り着きたい方向を、理想の景色を持ち続けることは、とても苦しいことなのかもしれない。

 でもさ、その苦しさだって、その「ほんの一握り」っていう呪いのせいでさ。

 楽しく夢を見続けることだってできるはずで。

 その「手」は、もっと温かくてもいいはずで。

 神や運命に握られるんじゃなくて、わたしたちが、体温のある、生命の息づくこの手で、運命を掴んだっていいはずで。

 夢だけじゃない、恋とか友情とかに関して言えば、他の誰かの手もそうなのかもね。

 掴みどころのない、引っかかるところのない、
 だからこそ不安で、孤独で、何も見えない世界で生きてるなら、
 その世界の流れを信じて、たゆたってみてもいいと思う。

 宇宙の中で一人ぼっちなんじゃなくて、
 宇宙に抱かれているの。

 わたしはそんな宇宙を信じたいし、

 この曲の中に、そんな宇宙を閉じ込めた。

 

 大事なものは、
 こんなわたしの小さな手でも掴めるほど、シンプルなもの。

 だからこそ、密度の濃い光で輝くの。

 だからこそ、わたしの身体で抱きしめられるの。

 夢がわたしを、一握りの人々を選ぶんじゃない。

 わたしたちが手のひらを伸ばせば、掴めるように、
 夢は、この宇宙の中で光って、自分の居場所を知らせてくれている。

 

「一握」。

 

 8月30日に発売されたわたしのアルバムに収録されています。
 ぜひ聴いてみてね。

 

宵部憂 3rd Album「神話的存在」

 CD版 ¥5,600 宵部の「制作に寄せて」コメント付
 https://shobuwi.booth.pm/items/3090082 

 ダウンロード版 ¥3,000 歌詞カードデータ付
 https://shobuwi.booth.pm/items/3238442 

 好評発売中です!

 

 あなたが、夢に、近づけますように。
 夢の輝きを掴んで、抱きしめられますように。

 

 宵部憂