わたしの敬愛するリュック・フェラーリは、自身の作品について、よく「〇〇の戯れ」と言っていた。戯れというのは、起きてくること、現象、ハーモニー、ドラマ、イメージ、そういうものを楽しむことだったと思う。偶然性を肯定的に捉え […]
 上演する作品だけじゃなくて、小説も、結局その時の自分が手を動かした結果の産物だ。考えるのは頭でも、物を作るのは結局手である。  ということは、その手を動かした結果の産物たる作品は、アイディアルな(理想的な、観念的な、抽 […]
 手を伸ばす、という言葉、言い回しを、わたしは歌詞の中でよく使う。ということは多分、日常的にも、「手を伸ばす」と表現したくなるようなことをしているんだろう。  昔からずーっとわたしの世界は、わたしの中にある世界とわたしの […]
 久々にテレビドラマを見た。 物語っていいなあと思った。 現実は誰がいいやつとか悪いやつとか、正しいとか正しくないとか決まっていないし、はたから見る人にとってわたしは主人公として見えても悪役として見えてもおかしくない。  […]
 色名には、まずそれは青なのか紫なのか赤なのか、というカテゴライズがあって、そこに形容詞や説明をくっつける呼び方と、そもそもその色をした物体Aがあって、そのAをそのまま色の名前にする呼び方がある。  後者の呼び方は、それ […]
SNS
投稿カレンダー
2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Twitter by Wi SHOBU
このページをシェア