今後の音楽活動…というかCDの梱包・ビジュアル面・商品化方法などについて見直し。

 友人のブログ祭りに触発されたんかな、あとわたしも自分の中で大きな変化がいっぱい起きているから、自分の中で気づいたことなので書かせてもらうね。

 わたしは丁寧な発送というやつに興味がないっぽい。

 わたしからCDを買った人なら分かると思うけど、わたしはCDを発送する時一筆一筆メッセージを書いて入れていた。

 でもあれがよくなかった。

 そういうノウハウとかを調べると、かならずサンキューカードを入れましょうとかショップカードを入れましょうとか書いてある。だからわたしは今までそれの簡易版っていうか、とにかく気持ちの上ではそれをなぞってメッセージを書いたり名刺を入れたりしてみていたのね。

 まあそれはそれででも良いの、やってみないと嫌かもわからないからわたしは。

 んー、でもやってみた結果、わたしはやりたくなかったみたい。

 そもそも、「こんなわたしのCD買ってくれてありがとう」っていうすんごい重たい感情がその行為には乗っかっちゃってて、そういう気持ちでやるんなら意味ないどころかマイナスだなって。

 だからやめます。

 これから先は味気ない段ボールにCDがプチプチに包まって入っているか、あるいはクッション封筒での発送になると思う。
(それだけだと流石に頼りなさすぎるので納品書ぐらいは同封するかも。)

 ぶっちゃけわたし自身が商品の梱包とかそこまで気にしないタイプでした。CDの内容が良ければ何もかも吹っ飛びます。そもそもそれって梱包というよりラッピングの域で、それってハンドメイド文化だと思うんで、同人CDはそういう文化ないよなって、気づいた今となってはなんで気付かなかったんだろうって感じですがそんな感じです。

 わたしは物腰柔らかくて優しげとか癒し系みたいに言われることが多かったけど(相手にもよるけど)、それは生きていくために身につけなければいけなかった単なるわたしの癖、それもわたしにかなり負担を強いてくる癖なので、やめる必要があります。

 ので、CDの梱包は今後とんでもなく簡素になると思います。

 あとついでに言うと、うーーーーーんみんなが大事大事言うからやっぱそうなのかなって思いすぎていたけど、わたしはジャケットにもマジで興味がありません。

「識別できるなー」ってぐらいにしか思っていないサイコパスです。

 音源にしか興味がない。

 歌詞カードも歌詞がわかれば何でも良い。

 っていう、自分がそういう哲学で動いているのに、つい周りの人の「ジャケットまで世界観を作り込んで!!!! めっちゃ良いのできたんで!!!!!」みたいな圧に押されていました。

 でも、たとえそういう人のCD買ったり配信で聴いたりしても、ジャケットもイメージクリップもMVもまともに見てないことの方が多いです。

 自分の作りたいもの、自分の欲しいものを作ることが真髄、というメソッドをわたしの中ではひとまず採用しているので、こいつは由々しき事態です。

 わたしは視覚情報苦手だ、ジャケットとか映像とかどうしよう……とか思ってたんですが、そもそもわたしがジャケットも映像もまともに見ないので、曲と歌詞の良さだけが据わってればどうでも良かったワ。と思い直しました。

 あと、そもそもCDを作るゾ! ってテンションで作るのもカロリーを余計に消費する感じがして嫌なので、興味ないことや感じる必要のない感謝的なホスピタリティ的な情も切り捨てて作りたいように作ってできた曲をまとめてマネタイズしてみる、その一環としてストリーミング系サービス配信やCD販売、デジタルリリース、というふうに、もっと「曲を作って歌う」という自分の興味あることだけに集中しようと思います。

 という風に、いくつか迷いが減ったので、わたしの活動も少し……なんていうんだろうな、ペース? スタンス? いやもっとふわっとした、雰囲気というか伝わってくるエネルギーみたいなものが変わってくると思います。どう変わるのかはわたしにも分かりません! わたしも楽しみです!

【再販】アルバム「愛と情」「哀と傷」

aitojou,aitoshou resale

 YouTubeに自作曲を投稿し始めて2年になりました。

 最初はね、自分で作って歌うつもりってなかったんですよ

 今行っている大学を目指す為に、高校の音楽の先生に色々面倒見てもらってたんですが、その時にやりたいことを聞かれて「作曲とか…」って言ってたりして。
 ボカロ曲聴いてもらったりして。

「自分で歌うつもりはないの?」って言われました。

 そりゃ言われますよね。
 わたし、中学高校と続けていた(一貫校だったので)合唱部では、ソロとかやったりしてかなり目立つ立ち位置でしたし、「歌う人」だったのは昔っからなので、あの時は完全に血迷っていたのですが。

 多分、その時から「食えるのか病」だったのだと思います。

「食えるのか病」とは、その名の通り、「それで食っていけるの?」と、何をするにしても思ってしまう病気のことです。

 語弊を恐れずに言うと、わたしはこの病気を母からうつされました笑

「好きなことや得意なことを仕事にできたら良いね」って、言われてきました。

 わたし自身もそう思っていたし、今だって思っています。

 でも、「好きなことや得意なことを仕事にする」と言ったって、「好きなことや得意なことを使うことで、稼げる方法を探す」ことじゃダメだったんですよ。

 だからわたしは「曲を作る」ことなら、需要があるし、仕事になるんじゃないかと思って、「自分で歌う」っていうことを放棄しようとしてしまったんですね。

 だけど、大学1年のとき、いろんな人たちと出会って、自分もいろんなことをやってみて、やっと、「あぁ、わたし歌う人じゃん」って気づいて。

「いろんなことをやる」の一環として、友達になったラッパーと一緒に曲を作ってわたしもラップしたりしてました笑

 なんで歌から逃げてたんだろう、それがお前の使命だろうが! って、自分で自分に対して思って。

 それで、少しずつでも、自分が今までノートに詞を書いて、レコーダーに音を吹き込んで作ってきた曲を、多くの人に聴いてもらおう、ちゃんと形にしよう、って、少しずつ活動を続けてきました。

 なりふり構わず曲を作りました。

はじめてYouTubeに投稿した曲です。
2作目にして結構高クオリティになったやつです。お気に入り。

 最初はとにかく脇目も振らず、月1を目安にガンガン曲を作りまくって、投稿しまくりました。

 とにかく歌いたくて、歌いたくて。

 そうしたら、お気に入りの曲がアルバムにできるぐらい集まったので、「愛と情」というミニアルバムを作りました。

 「アルバムだけで聴ける曲もあるってなんか良いよね」ということで、表題曲「愛と情」と「星追い街道まっしぐら」とボーナストラックは、今のところYouTubeには投稿していません。(この先投稿するかは未定です)アルバム限定です!

 シンガーソングライターになる、というのが、小学1年生のときからの夢でした。
 わたしはついに、2020年3月にこのアルバムをリリースし、夢を叶えました。

 この度、再販を行います。
 こちらのCDは残り6枚となっています。
 わたしの初期衝動が詰まった作品なので、ぜひ買って、おうちで聴いてみてください。
 また、CDケース裏に仕掛けがあります……お手に取ってくださった方だけの秘密です!

 パッケージ版(CD)はこちらhttps://shobuwi.booth.pm/items/1873631
 DL版(音源データ)はこちらhttps://wishobu.bandcamp.com/album/love-and-sentiment

 注意事項:
 わたしが手ずから梱包して発送するので、神経質な方以外にお求めいただきたいです。
 ノークレーム・ノーリターンでお願い致します。

 恋愛人間関係自己愛をテーマにした7曲を収録しました。

 失恋したとき、不安なとき、哀しみがあるからこそ愛が深まるとき、追いかけているとき、愛が溢れたとき、様々な瞬間に寄り添えるアルバムです。

 ぜひお聴きください。

 続いて、他にもアルバムにしたいオリジナル曲がまだまだあったので、「愛と情」の対になるように「哀と傷」というアルバムを作りました。

 こちらも再販を行なっています。在庫は14枚です。

 静かなの中に、夜風を感じながら佇むような、そのなかで目を閉じて、様々な過去未来の希望を身体で思い出したり感じ取ったりするような、そんなアルバムになっています。

 パッケージ版(CD)はこちらhttps://shobuwi.booth.pm/items/2227049
 DL版(音源データ)はこちらhttps://wishobu.bandcamp.com/album/sorrow-and-wounds

 注意事項は「愛と情」と同じです。

 こちらもまた、わたしの初期衝動と、「愛と情」よりは少しこなれてきたアーティスト性が詰まったアルバムとなっています。

 過去の哀しみを改めて抱きしめて、激しく優しく儚く明るく、浄化する。そんな思いを込めて一曲一曲歌いました。

 また、ボーナストラックは必聴です。
 わたしの門出を歌った歌です。

 ぜひお手に取って、おうちを自分の感情を昇華できる場所にしてみてね。

 タイトルからも分かるように、「愛と情」はを、「哀と傷」は哀しみをテーマにしたアルバムです。

愛と情」は、恋愛とか、自己愛とか、人を愛することに、悩んだり、諦めたり、七転八倒しているリアルが詰まったアルバムになりました。

哀と傷」は、傷つきながらも、そんな自分に寄り添いながら、この世界の中でつよく生きていくんだって、すっくと立っているようなアルバムになりました。

 わたしの分身のような特別なアルバムたちなので、ぜひお手にとってもらいたいです。

「DL版」のリンクに貼ったBandCamp(スマホ用アプリだとさらに使いやすい!)からは、全曲5回までは無料で試聴ができます。

 そして!
 お買い上げいただいた売り上げは、次回作、アルバム「神話的存在」の製作費になります。
 皆様、ご協力をお願いいたします!

 鋭意制作中です。続報をお待ちください!

 宵部憂のCDショップはこちら→https://shobuwi.booth.pm
 音源販売はこちら→https://wishobu.bandcamp.com

愛と情」「哀と傷」をよろしくお願いします m(_ _)m

aitojou,aitoshou resale

 

5/18新曲です。「新緑」

sumnail_sproutinggreen

 夢も希望も、初夏の若葉みたいにすくすく育ちますように。という願いを込めて、新曲を作りました。

 良い匂いがする草いきれ、あるいは森、あるいは自然いっぱいの道の中を、自分のペースで、腕も大きく振ったりして、堂々と歩いていくような。

 ピカピカした光に包まれて、身体の底からみなぎってくる力を感じて進むような。

 全ては自分で切り開くんだ、自分にはきっとそうできる力があるんだって信じられて、勇気を持てるような。

 そんな曲が作りたくて、ピカピカギラギラ爽やかデジタルロック(ピアノ・ストリングス・四つ打ちもあるよ!)を作りました。

 ↑めちゃくちゃ属性盛りだくさんですネ。。。

 作っている最中に気づいたのですが、裏テーマは「全てを楽しんでやる」です。

 どうして生まれてきたのかってずっと考えていたんですけど、最近答えが出て、わたしにとっての答えはすごくシンプルで、「生まれてみたかったから」でした。

 多分、人間の人生ってやつを経験してみたくて生まれてきたんだな、っていう感覚がすごくあって。

 人生楽しいゲームみたいなものなんだから全部全部、小さい頃から夢中で遊んできたRPGみたいに楽しみ尽くして良いんだよっていうのが裏テーマです。

 なので、敬愛するアーティストグループのひとつYMCKのYokemura様が製作したチップチューンが出せるプラグイン「Magical 8bit Plug」の最新版を使用して、ピコピコ音も使ってみました。

(宵部による正確性が保証できない注:
   チップチューンとは・・・1980年代ごろの家庭用ゲーム機から発されていたような、単純な電子音のこと。かわいい。
   プラグインとは・・・特定のソフトウェアに認識させると色々できることが増えるヤツ。追加トッピングみたいなもん。音楽系のソフトで使えるプラグインは音源=楽器だったりエフェクト=音を色々変えられるヤツだったりが多い)

 YMCKのサイトはこちら→https://ymck.net
 思わず童心に帰ってしまったりジーンとしてしまったりする、素晴らしい曲を作る方達なんです……かつプラグインを無償配布もしてくださるなんて、本当に神。
 各種音楽配信サービスでも聴けるので、まだ聴いたことがないって方はぜひ彼らの音楽を聴いてみてください!

 わたしのブログに戻りますが、そんな感じで希望を歌いました。

 希望っていうのは、何か大きな絶望が終わった後に、暗闇の中から星が見えてくるようにして、見出されるものなんじゃないかと思っています。
 だから、「新緑」の歌詞も明るいばかりではありません。

 でもさ、それが本当の希望だと思う。
 闇が無いところに光があっても、それは何も照らせない光じゃないですか。

 恐怖無き者に勇気は無い、みたいな格言も確かあったと思うし。

 そんなふうに、この底抜けに明るく爽やかな曲調だけど、闇だって分かっているこの曲が、あなたの勇気と希望と活力になれば、わたしはこの上なく幸せです。

「 そう 何度だって殺せ
  恐れるものなど何も無いから
  今の僕には
 

 人生いろいろあると思う。

 でもきっと、本当は選択肢ってそんなに少なくないし、世界はそんなに狭くもないから。

 自分のペースで、良い匂いだなって思いながら呼吸して、たまに休んで、

 そうやって歩いて行こうね。

 2021年5月18日 YouTubeでの活動2周年を迎えた 宵部憂

 

【お知らせ】新カテゴリ「STUDY」を開設しました。

shobu_study1

 宵部庭国国民の皆様、ごきげんよう。
 わたしからちょっとしたお知らせです。

 わたしは一国の女帝ですが、同時に大学4年生です。
 ということは、現在ぼちぼちといった感じですが、卒業研究・制作に邁進しています。

 ただ! ひとりで黙々と勉強するのは寂しいしモチベーションが湧かない上に、わたしはちょっとした面倒くさい体質を持っているのです。

 その体質とはズバリ、「学んだ分だけ喋らないと死ぬ体質」です。

「死ぬ」とは大袈裟に言ってしまいましたが、つまりこういったことです。

shobu_study1

 本を読んだり、人から話を聞いたりして、わたしたちは何かを学びますよね。

 でもそれはそれとして、もともとその本に書いてあるような分野について、本とは別のことや本と全く同じではないことを考えていたこともあっただろうし、本を読んだことで自分の考えが湧いてくることもたくさんあると思うんですよ。

 というか、前者を語る言葉を得ることや、後者と出会うこともまた、書いてある / 聞いた 内容を吸収することと同じくらい重要な、学びの意義だと思うのです。

 しかし、わたしはこの、「本の内容以外の、自分が考えていた・考えたこと」を、喋ったりブログに書いたりせずに黙っていると、忘れてしまうし、無自覚に抑圧してしまうことに気が付いたのです。

shobu_stury2

 そうなるとどうなるか。

 まず出てくる症状として、自分の直感を信用できなくなります。「感覚」も同義です。

 しかし、わたしはお勉強とは本来、何かモヤモヤしたものを言葉や数式で解析し説明するものだと考えているので、直感や感覚が鈍ってしまうと、自分がそもそも何を解き明かしたかったのかが分からなくなってしまいます。

 結果として、独自の観点というやつを失うことになりますし、自分の感覚が信じられなくなると、お勉強以外にも支障が出ます。

 わたしは特にそういう影響が顕著に出てしまう人間なので、どうなったかと言うと、
 周りの情報に振り回され、自分が何をしたいのか分からなくなり、お勉強とは関係のない自分の活動に関しても決断力がなくなったり自分のセンスを活かせなくなったりして迷走しました。\(^o^)/

 ということを大学3年間で繰り返してきて、やっと自分にとってバランスの良い勉強の仕方を身につけ始めた、それを上の図に表してみた、という感じです。

 そういうわけで、新カテゴリ「STUDY」は、わたしの健康的な卒研・卒制ライフのために、学んだことの覚書や、学んだことに関してわたしが考えていた/考えたこと・感じていた/感じたこと吐き出し口として使っていこうと思います。

 この記事でいきなりお勉強哲学みたいな大それた話をしてしまいましたが、ふつーに本読んだ内容まとめと考察・感想みたいなブログが多くなると思います。

 わたしの吐き出しのためとはいえ、これを読んでわたしの研究や、わたし自身により興味を持ってもらえたら嬉しいな……という打算的な気持ちもあったりして(ムフフ)。

 そんな感じでとりあえず開設してみます!

 そして関係者各位。

 一緒に卒研・卒制がんばろうね……死にそうになったら支え合おうね……!

 宵部憂

【告知】社会不適合な人たち(我々含む)の居場所をつくります。

社会不適合だけど頑張るラジオー吸血鬼と女帝のゆる〜い対談ー

 大好きな幼馴染とYouTube Liveをします。

 この記事でも話に出した幼馴染です。

 彼女(太子)はこうして表に出るのはほぼ初めてですが、配信には昔からすごく興味があったと語っていて、普段LINE通話で一生話している時の面白さを存分に発揮してくれることと確信しています。

うん、吐いてましたね笑 幼馴染なので大体全部知ってるんですよねお互いのヤバエピソード。

 わたしたちは社会不適合者です。

 それはもう小学校高学年で接近してからというもの、わたしと彼女は「世の中かくも生きづら〜い!」と言わんばかりの話をいつも激しく交わしていました。

 なんか、つまんないのです。

 ふつうの世の中が。

 そして当たり前に適合できませんでした。

 わたしたちからしたら当然思いつくようなことを口にすると、決まって「そんなこと考えたこともなかった」とか、「そうは言っても世の中そんなもんでしょ」とか、「夢語ってんなよ」とか、そんな感じのニュアンスのことを言われて(´・ω・`)となってきました。

 でも!!!!!
 わたしたちの配信ならそんな横槍を入れてくる輩は存在しません。

 というわけで、何に遠慮することもなく、語ろうと思います。

 いかに生きづらい世の中か。

 いかにその中で生きようと頑張ってきたか。

 いかにそれでもダメだったか。

 本当はどうしたいのか。

 何になりたいのか。

 なにができたら最高なのか。

 わたしたちはどういうわけか、生きていく過程の中で、こういった「」を忘れるように、諦めるように教育されます。えっ本当に何で?

 でもね、わたしたちはだから、そういう社会に適合できなかったんですよ。

「自分この辺かな」って居場所を見つけて、そこで地道に日々を重ねていく……という穏やかな生活が、どうしてもしようと思えない。

 わたしたちだって、「自分たちならできる!」なんて思っているわけじゃありません。

 できるとかできないとかではなく、やろうとしないと生きてることが全然楽しくないから、やるしかないじゃん、って思っているだけです。

 割と(精神的にも、行きつく先は物理的にも)生きるか死ぬかのハナシをしています。

 我々は極端なのです笑

 だからね、わたしたちが、

 諦めさせられそうな

 ” 社会に適合するため ” に零し落とそうとする希望

 「 自分としてここに生きていること 」の意義

 そういったものの居場所をつくります。

 だから、社会不適合な我々が、女帝になったり吸血鬼を目指したりする、そこに何があって、今何を考えているのかを話す配信をしようと思い立ちました。

 前半は「社会不適合だけど頑張る」について、
 具体的にはわたしたちがいかに社会不適合かということや(笑)、
 それで苦しんでいた頃からどのように今に至ったのか、
 今はどういう状況なのか、

 といったお話をしていきます。

 そして後半では、わたしたちの理想でありである吸血鬼」と「女帝について、
(太子ちゃんは「吸血鬼になりたい人」で、わたしは「既に女帝」だったりするのですが笑)
 それがわたしたちにとってどのような存在なのか、
「それになる」とはわたしたちにとってどのようなことなのか、
 それになるために何をしていきたいのか、何をしているのか、

 などをお話ししていきます。

 5月12日(水)21時より、宵部憂のYouTubeチャンネルで生配信です。

 ご視聴はこちらから→https://youtu.be/WM-nayz9m_M

 聴くだけでも、コメントをしていただくのも、どなたも大歓迎です。
 お気軽に、タイトルにもあるようにゆる〜くお付き合いください。

 夢や希望や望みを持って生きていくこと、それは決して限られた人だけに許されることってわけじゃない。

 そんなわけがない。

 社会不適合だけど頑張る人たちの居場所をつくります。

 宵部憂

3/10新曲投稿してました。「銀葉_Silver Wattle」

 さらに曲を投稿していました。「銀葉」。英題はSilver Wattle。
 Silver Wattleとは銀葉アカシア、フサアカシアのこと。つまりミモザです。

 ミモザ曲ということは、そういうメッセージを込めた作品でもありますが、多くの人に自分を重ね合わせながら聴いてもらえたらいいなと思ってうんうん唸りながら作りました。

 結局さ、みんな自分で自分を愛したくて、自分らしい自分で居たくて、それを誰にも邪魔されたくなくて、それに文句を言われたくもなくて勿論侮辱なんて当然されたくなくて、脅かされたくなくて、みんな願ってることはそれなんだと思うんだ。
 その気持ちはさ、全然特別なものじゃないでしょ。
 特別なものじゃないってことは、少しずつかもしれないけど分かり合っていけるってことだと思うんだよね。
 思うっていうか、そう信じてるっていうか、祈ってる。その信頼とか祈りが、何かを変えるための原動力だもんね。

 歴史を振り返ってみれば、ちょっとずつ前に進んでいることだって分かる。
 だからどっちかっていうと希望や祈りを歌うほうをわたしはやってみました。
 もっともっとみんなの願いが叶う世界になっていけばいいな。

 優しくて、清々しくて、良い香りのする、肌寒さもあるけど暖かい、そんな感じの曲になれてたらわたしはめちゃくちゃ嬉しいです。

2/22に新曲を投稿していたよ「風の君」

 鬼忙しくてしばらくここを放置しておりましたが生きていますすみません。

 2/22に新曲を投稿していました。「風の君」。
 春の初め(いや、まだ冬かな……)そんな時期にぴったりな味わいの一曲です。

 やや爽やかで癒し系でかわいい感じの曲になりました。
 でもちょっと寂しいというか。冷たくて澄んだ風に吹かれる。そんな曲です。

 顔の前にスマホをかざしてじーっと立ってる変な人になりながら動画も撮りました。寒かったです。
 光が綺麗な日に撮影できて良かった。
 このロケーションを見つけられたことは幸運と言っていいでしょう。

 聴いてくださったあなたの中に、少しでも何かを残せれば幸いです。

11/30新曲「ヒトミ」投稿してました。

 遅ればせながらお知らせです。一月くらい前に新曲を投稿してました。
 今回は映像にもこだわってみました。それが功を奏したのか、なんか物凄い勢いでいろんな方々に見ていただいていて、1番の伸び率と再生回数を誇っています。なんかすげえ。どうした急に。めっちゃありがてえ。海外の方のコメントとかもいただきました。やったぜ!!!
 ジャンルで言うとオルタナティブロックとかマスロックとかそこらへんです。変拍子もりもり。コーラスももりもり。

 内容的にはこの記事を書いた時期に作ったと言うのもあり関係あるんじゃないですかね。
でも基本的には聴いてくださった方々ひとりひとりの解釈が全部正解です。
 走馬灯みたいにいろんな景色がうわーってなります。あるいは短編映画かな。走馬灯って言いましたが死は関係ないと思います(もちろん解釈によりますが)。

 新曲は1月中に投稿できたらいいな。

 最近空間現代とかHellaとかTotorroとか聴いていてマスロック熱が特に加熱しています。でもニカもやっぱりいいなって思う。
 めちゃくちゃ広範囲でムラっけの多いわたしの趣味を全部繋いでくれそうな可能性をマスロックに感じています。

 今年もありがとうございました。
 来年もどうぞ宵部憂をよろしくお願い致します。

感謝とお疲れさまを込めて
宵部

【新曲】「一期一会」投稿しました。

 イラストをただのいちご様(Twitter→https://twitter.com/tadano_ichigo)に描いていただきました。本当にありがとうございます!

 夏の終わりに間に合いました。
 当てられてしまうくらい強くて美しい光の中で、逢いたい、会いたい、逢えない、会えない誰かに思いを馳せる曲です。

 百聞は一聴に如かず。

 とにかく聴いてみてください。めちゃくちゃ良い曲になりましたから!!!