【新曲】「一期一会」投稿しました。

 イラストをただのいちご様(Twitter→https://twitter.com/tadano_ichigo)に描いていただきました。本当にありがとうございます!

 夏の終わりに間に合いました。
 当てられてしまうくらい強くて美しい光の中で、逢いたい、会いたい、逢えない、会えない誰かに思いを馳せる曲です。

 百聞は一聴に如かず。

 とにかく聴いてみてください。めちゃくちゃ良い曲になりましたから!!!

【新曲】「真相」投稿しました。6月16日、2020年

 初めてYouTubeに投稿した「Rainy Shelter Dwellers」という曲の続編です。

 大っぴらにはできないかもしれない、それでも大切で愛おしい感情を抱える、この季節にぴったりの曲です。(雨テーマなので)

 とってもとっても自信作です。

 いっぱい聴いてもらえたらとってもとっても嬉しいです。

【新曲】ボカロP朱川仁礼としてデビューしました!

 デビュー曲はMIZKI(VY1)ボーカルによる「カーミン 」。
 この曲で#シューゲイズ祭り2020という素敵な企画に参加させていただきました!

 自分の声じゃないからこそ出てくる表現、やっぱりあるなって。

 わたしはわたしの声では、やっぱりわたしのことを歌いたくて。
 でもボカロさんが歌ってくれたら、自分とは距離のある、だけど表現したいこと、見せたい景色、確かにある鮮明な感情、も自由に表現していくことができるなって思っています。
 世界も、表現の幅も広がりました。

 朱川仁礼としてのわたしも、ご愛顧いただければ幸いです!

プロジェクト〈天蓋〉進行中です。

 DJ的な感じでその日の気分に合わせてチョイスした自分の曲を流しながらおしゃべりする、まったり配信をしていこうと思います。

 このご時世、実際に集まることはできませんが、誰かがいて、音楽がかかっていて、何かを喋ってくれて、それを一緒に見ている人がいる、そんな「場」を作ってみたいと思いました。

 あと、わたしの曲を聴いてもらう機会を増やしたいなとも。

 そのためにはもうちょい曲を書き溜めたいのですが、この低気圧のためにあんまりうまくいかないかもしれませんが、何とか進行しています、というのがプロジェクト〈天蓋〉です。よろしくお願いします。

【新曲!】「ペガサス座流星群」を発表しました。

 キラキラした、でもカッコ良くて深淵できっぱりした流星の歌。
 ドラムンベースです。
 ノリノリで聴いてね。

 流星みたいに駆け巡る言葉たち。
 誰のために、何のために言葉を紡いで放つのか。
 次から次から降りしきる言葉たちはどこへ向かうのか、どこに届くのか。
 そんな満天の流星を思い浮かべながら聴いてみてもらえたら嬉しいです。

サブスクリプション(音楽配信)サービスに「愛と情」で参戦しました。

https://linkco.re/nBPX92U1
↑こちらから各サービスに飛べます。

Apple Music, Spotify, LINE MUSIC, Google Play, Amazon Music, YouTube Music などで「愛と情」が聴けます!!!

 CDの販売も行っていますが、このご時世、やっぱりCDってフィジカルなのでそれだと心配って方々も多いと思うのです。
 そこで、完全デジタルで、(環境があれば)どなたもすぐに聴ける環境に漕ぎ出してみました。

 音楽をやっている身として、少しでも多くの人の慰め、居場所、心の支えになりたくて。

 あと、ふつうにサブスクサービスで検索して自分のアーティスト名が出ると、「あ、わたしもう完全にアーティストだわ」って気持ちになって気分がいいですね。素敵ですね!!

 新アルバム「哀と傷」も、鋭意制作中です。完成したらまずはサブスクリプションサービスで発表になると思います。

 つらいときにつらい気持ちに寄り添える曲たっぷりのアルバムになる予定です。乞うご期待。

 もうちょっと待っててね。

 

新曲「追創」、投稿。

 不登校時代(209〜2012)のとき、うまく言葉にできなかったことを、今だったらちゃんと表現できると思って、歌の形にしたものです。

 かなりしんどい内容なので、ご視聴の際はご注意ください。

 昔のことを引きずって足掻く時間ほど苦しいものはない。
 思い返せば痛々しいな、って思います、十代の間ずっと病んでたので。思い出すのも結構つらいや。
 臓腑が引きちぎれそう。

 自分の感じたことを「そんなことは無い」って、「無い」扱いされることほど苦しいことは無い。

「それぐらい我慢しろ」とかいう奴ら、みんな死んじゃえ。

 ってか、じきに死ぬな。死んじゃえとか願う必要もなく死ぬな。
 人に我慢をしいる人ほど、いざ自分に耐えがたい苦痛が回った時我慢し過ぎて死ぬのです。
 ざまあみそしる。

「追創」について、詳しくはこの動画でも話してるのでチェックしてみてね。

アルバム「愛と情」、発売してるよ

 失恋、恋愛の悩み、愛ってなんだろうっていう哲学的思索、そういうものに寄り添うアルバムです。

 動画、思いっきりお値段間違っていて、「¥1540(税込)」です。

 爽やかな曲、切ない曲、しっとりした曲、美しい曲、いっぱいあります。

  ↑この動画で詳しく紹介してるよ! 実写動画です。いっぱい喋りました。

 ご購入はこちらから→https://shobuwi.booth.pm/items/1873631
 DL版もあるよ。

 すごくいいものを作ったので、是非お手に取ってみてください。