わたしはポール・オースターが好きです。  彼の作品の一つ『オラクル・ナイト』で、長い闘病生活を終えた主人公がまた仕事を始めるために、新しく小説執筆用のノートとペンを買う、というシーンがあります。  わたしも小説を書く人 […]
そんな風に何かを物語れてずるい。 わたしは自分の身に何が起きたのか、全然語る事ができないのに。 終わったことみたいに(事実、物語は全て終わったこととして語られる) (全て過去形で語られる) 。 何の意味もない事だったよ。 […]