一昨日の深夜、とても心を動かされる物語を読んで、昨日はずっと愛について考えていた。  物語の中で、男は伴侶を愛した。男は亡くなる直前、少し前に先に逝ってしまった伴侶に、たくさんの感謝を述べた。 僕と出会ってくれてありが […]
タグ:
 思い出した。  ラノベとボカロを心の支えにしてた、不登校時代。 やおいとV系と邦ロックを居場所にしてた、中学高校。 自分の本心を大事にしたいってことを知った18歳。 少しでも良くなりたくてがむしゃらだった大学生活。   […]
カテゴリー:
タグ:
 わたしは卒業制作に、オーディオドラマ(+パフォーマンス)を発表しようと思っています。  ホワイトキューブな部屋を借りて、そこで2chステレオのオーディオドラマをプレゼンテーションするみたいな感じでパフォーマンスをする。 […]
 きょうは久々に「対面授業」でした。  オンライン授業になって久しく、久々に「普通の授業」を受けに学校に行って寄り道して帰ってきました。  そこで思ったんですけど、ダメですね、自分というものがわかってきた(自分の感覚にど […]
「感覚過敏」って、HSPとか発達障害って言葉にもつながってくるタームだけど、「感覚が」「過敏である」ということに余計な色や情報をつけずに扱える大事な言い回しだと思うし、 わたしも感覚過敏という概念とともに大学以降生きてき […]
カテゴリー:
 わぁ、 やばい、 Twitterのトレンドに上がっていた黒木華さんのインタヴュー読んでたら、めっちゃお芝居やりたくなってきた。  めっちゃお芝居やりたい!!!!! めっちゃ「役」になりたい。  朗読とかは、自分の作品を […]
カテゴリー:
タグ:
 どんな時でも自分でいるために、わたしは丈の長いスカートをひらひらさせて歩くぞ。    最近お気に入りの服を着て歩くようになったら、自分の好きな自分でいられるようになった。 まるで服がわたしを守ってくれてるみたいに、わた […]
カテゴリー:
 このブログでオースターの話をするのは何度目かもしれないけど、またポール・オースターの話をしようと思う。  わたしはアメリカの作家、ポール・オースターの小説が大好きだ。  日本での翻訳の第一人者である、柴田元幸氏の名訳の […]
カテゴリー:
公演ページ→https://jwcm.site/arts-and-women-concert  今日はこちらのコンサートに行ってきました。  Shibaura House というビルの5階バードルームというところで、なん […]
タグ:
 本当に今の自分に必要な歌や言葉って、自分の声みたいに聴こえない?  自分の空想上の声と、実際に聴いている歌が頭の中で溶け合って、自分の身体ぜんたいにびぃぃぃんって響く。 自分の身体が世界そのものの容器になって、その世界 […]
カテゴリー:
タグ: