ほんとうはずっとずっとずっとそこに居たのに、わたしが見ないふりをして、軽んじ続けてしまっていたきみへ。 拝啓 わたしのイド様。 ずっと、 今までずっと、 とてもつらかったということ、 とてもこわかったということ、 今も、 […]