雌伏の時。

 すこし色々とおやすみしています。  いつか開けるしかなかった、自分の中のパンドラの箱が開いて、 非力で、何事も怖くて仕方がなくて、ものすごく傷付いている、小さな子どもの自分が、ついに姿を現したからです。  ずっとその子 … 続きを読む 雌伏の時。