Categories:

社会も、変わってくれよと思ってる。

見えない世界のことも大好き。

でもこの2つのせかいは、あんまり仲が良くはないっぽい。

2つを結びつけることはできないんだろうか。

見えない世界のことが好きなのは、ただの人間で、ただの命である、素っ裸の自分を思い出させてくれるから。

良いも悪いも人間の勝手で、じゃあどうしたい?って、感覚と感性の世界に従っていいって教えてくれるから。

社会不適合でも、生まれたからには意味がある。

その意味を教えてくれる場所は、わたしにはそこしかなかった。

わたしの思う「社会」には、まだまだ我慢とか他人軸とか頭(エゴ)とかが染み付いているから。

わたしは、そこで息をするのが苦しくて仕方がない。

自分の感覚に従っていい、そうした方が結果とやらも実は出る、そっちの方が自然、って、当たり前のことを言ってるのに。

どうして皆それを夢みたいに言うんだろう。

だからわたし、がんばらなきゃな。

信じてもらいたいから。

あと、社会の流れだって、自然と同じ波で、本当は流れてるのかもしれないと思うの。

だから何だろう、本格的に星読みを勉強してみても面白いのかな。

なーんか、「どうせ変わんないよ、だから自分に集中」っていうのも、もう時代遅れな気がするんだよな。