Categories:

 夢を直視するのって、すごく怖いこと。

 わたしも今、胸がドキドキしてる。

 本気で「音楽で売れたい!!!」って、少なくとも今までよりはずっとクリアに思っているから。

 子どもの頃は世間知らずに何でも望めても、
 大人になるにつれて、わたしも人並みに自分の心を守る術を覚えてしまった。
 そのくせ、ちっとも理想や夢なんて諦められなくて。
 目だけはギラギラして、なのに身体は本腰入れて動かせないままで。

 身体動かして、情報も仕入れて、
 自分にはとても遠い存在に見えるような人でも、「自分もこうなりたい!」って気持ちで調べて、データを仕入れて。

 ……わたしね、有名人に嫉妬するの。
 米津玄師さんとか、まふまふさんとか、Reolさんとか!!!!
 ……ギャーーーーーッ、言っちゃった!!!!!!Σ(,,゜∀゜,,;)

 でもさ、でもそれってわたしだけじゃないよね!?!?

 ぜっっっっっ      たいわたしだけじゃないと思う。
 好きなはずのスターに嫉妬して、その人を目に入れるのもしんどい、でも確かに魅力を感じている……そんな気持ち。
 夢叶えたい人にはあるあるなはず。

「そんな大物と比べんなよ」「足元にも及ぶはずないよ」って声が、どこかから聞こえてきそうだけど、でも、嫉妬しちゃうものは嫉妬しちゃう。

 だってそうなりたいんだもん!!!!!
 そうなれるって信じたいし、信じてないと嫌なんだもん!!!!!

 でも、だから、そうなりたいんだからさ、積極的に見て、情報仕入れないといけないの。
 だから、ドキドキする胸を抱えながらも、ウィキペディア読んでた。

 ウィキペディアってところが大事でね。
 浮ついた雰囲気は別に摂取しなくてもいいの。
 ファンとしてじゃなく、盗みたくてその人を観察するわけだから😎
 画像検索でもいい。

 で、いいと思ったところをどんどん盗む。
 もしくはさ、自分と似てるところを探して、「わたしにもできるのでは!?」って思えばいいんだよ。

 それって別に相手を侮ることじゃないと思うの。
 むしろ、過度に特別視することの方が、相手を孤独にさせるってわたしは思ってる。

 むしろ、敬意を表して、その人の後に続くんだよ。
 それはその人の頑張りを侮ることではなく、むしろ次にバトンをつないでいくことだと思う。

 ファンしながら盗むこともできるし、
 でもだからってファンになんなきゃいけないわけでもない。

 自分のこと嫌いにならないように、憧れの人から「自分もそうなりたい!」って思えるようなところを盗めればそれでいい。

 盗み方は簡単、真似するだけ。
 真似するって言っても、「他の人からその人と同じように見られるように」盗むのでは、ただのパクリ、盗作だけどさ、
 自分が、自分のセンスで、「ここいいなっ♪」と思ったところを、つまりエッセンスを盗んで、自分の表現に加えれば、それは参考、リファレンスになる。
 これが「芸術の基本は模倣」ってことだよね。

 自分のこと嫌いになっちゃうのは、他人からの人気を比べるからだと思うんだけど、
 そりゃ、確かに今あなたは無名かもしれないけど、
 あなたが持ってるものが素晴らしいのはもう、決まってることだからね。
 そこを疑っちゃダメ。

 人気は後からついてくる。
 目の前の、短期的な人気=人の目を気にしていたのでは、大きく咲くことはできない。
 そんなことより、自分の作りたい世界を見つめることが大事。

 自分の作りたい世界を作るために、盗めるものは何でも盗む。

 そのために、むしろ嫉妬は羅針盤になってくれてるんだよね。

 嫉妬するってことは、むしろチャンスで。
 だって「自分もそうなりたい、そうなれる、そうなれるはずなのに」って嫉妬するわけで。

 本当は可能性の宝庫なんだ。
 真正面からぶつからないともったいない。

 でも繰り返すけど、人気を比べなくていいからね。

 自分が自分の一番のファンだし、自分が自分の一番の推しだから、
 一番のファン以外の言葉は、雑音なのです。