ほんとうはずっとずっとずっとそこに居たのに、わたしが見ないふりをして、軽んじ続けてしまっていたきみへ。

拝啓 わたしのイド様。

ずっと、

今までずっと、

とてもつらかったということ、

とてもこわかったということ、

今も、ずっとこわくてしかたがないということ、

それを、

無かったことにしてしまって、

ちゃんと取り合わずに、

大したことじゃないだろなんて笑ってしまって、

本当に、

本当に、

ごめんなさい。

謝っても、謝っても、許されないことを、

わたしはしてしまった。

それを「トラウマ」と名付けてはいけないと、

わたしは、貴方にひどいことを言い続けてきた。

そんなものは無い、って見ないフリをして、

全然見当違いの方向に走ってきたね。

ひとりで。

馬鹿だった。

本当にごめんなさい。

もう、こんなこと、絶対、二度としないから。

って言っても、信じないよね。それでいい。

貴方の本当に言いたいことを、

わたしだけは聴いてあげられるように、

がんばるから。

こんなこと、本当に何度も繰り返してきてごめんなさい、いい加減辞めるから。

だからもう一度、わたしと生きてくれますか?

やさしくなりたい。

ほかでもないきみのために。