Categories:

 応援されるって、
 愛されるって、
 売れるって、
 実はすんごく怖いこと。

 何か返さないといけないとか、
 何で?????とか、
 こんなんでいいの????とか、
 こんなわたしでいいの????とか、
 いろんな感情がぐちゃぐちゃになる。
 だから、嬉しいんだけど、
 嬉しいからこそ、修行みたいだなって思ったり。

 幸せになる覚悟がどうの、
 幸せになる恐怖がどうの、って、意味がわからなかったけど、
 ちょっとずつわかってきてる。

 わたし思うんだけど、
 愛やお金や応援のことばを、もらってすぐ、「何か返さなきゃ」って思考になるのって、実は受取拒否をしてるんだなって。
 前もブログに書いた気がするけど。

 一旦受け取って、肚に落として、それから初めて心からのお礼ができるのであって、
 反射的に「返さなきゃ!」で返しちゃうのって、
 愛を投げ返してるような気がする。

 心が通わないままのお礼になってしまう気がするから、気をつけないとなって思う。

 反射で返すお礼には、「こうしたらこう返す」--「してもらったらお礼を言わなきゃ」っていう道徳の産物だから、その人独自の匂いっていうか、生々しさっていうか、そういうものが乗り移らない気がするのね。

 その人の身体から生み落とされたお礼ではなくて、
 道徳観念によって無理やり作った、でも実は判で押したような、大量生産のお礼になってしまうなって。

 この感覚は、創作においても、ビジネスにおいても、すごく大事な気がするんだ。

 わたしは、創作って、何か刺激に対する「反応」ですぐ生まれるものというよりは、
 受け取った刺激を、一旦忘れるぐらい自分の中に保管しておいて、無意識の深いところのスープに溶け込ませてから、
 それが今までの記憶の蓄積とつながって、
 あるタイミングで無意識のスープからふわっとアイデアとして浮き上がってくる、
 そうやって生まれるものだと思うのね。

 お礼とか、感謝の気持ちも、そういうものだよなって。

 つまり何が言いたいかっていうと、
 怖いからって、
 愛もお金も応援も、反射的にお礼をするんじゃなくて、
 メンタル的なことになっちゃうけどさ、
 ちゃんと受け取ること!
 それを練習していきたいなって思った。

 ちゃんと受け取ってこそ、ちゃんとお礼ができる気がするの。

 ちゃんと受け取れるようになっていったら、ここももっと、メンタル的にだけじゃなくて、掴みどころある話ができるようになる気がする……

 ちょっと待っててね!

 まだ練習始めたばっかなの。

 これからのわたしに絶対必要な練習だ。

 

 チャオ。

 

 宵部憂