皆様に大切なお知らせです!!!!!

 

 突然ですが、CDを売るのだから、普通の価格というのはあります。
 最近では、フルアルバムは3000円、EPは2000円+ぐらいが相場なのではないでしょうか。

 ……でも!!!!!

 でも!!!!!!!!

 でも!!!!!!!!!!

 思ってしまいました、「足りない」と!!!!!!

 わたしは「違う」と思ってしまいました。

 では、わたしは幾らをつけたいと思いますか?

 発表します!!!!! ジャン!!!!!!

 5,600円。

(言った……言ってしまったぞ……!!!!)

 でもね、実を言うと、このお値段、そんなに荒唐無稽な話ではなくて。

 お客さん個人のことなので詳細は語りませんが、わたしは一度、5000円で自分のCDを売ったことがあるんです。

 売ったというか、

 昔から、YouTubeに曲を投稿し始めた時から、ずっと応援してくださっている方がいるんです。
 おそらくその方が、わたしが販売に使っているBoothというネットショップの機能に、BOOSTといって、金額を上乗せして購入できるという機能があるのですが、
 3000円で売り出していたわたしの「哀と傷」を、2000円BOOSTして買ってくださったのです。
 つまり、5000円でお買い上げいただいたのです。

 だから、根拠なく、小学生みたいな大きい数字を言ってるわけじゃなくて。

 本当に、自分の中でしっくりきて、このお値段をつけたいと思っているんです。

 お、オエエエエ……怖い……怖いよう……

 なので、「神話的存在」は、このお値段になると思います。
 今変えました!
 もう後戻りはできない……でも、わたしはわたしを信じたい……!!!!

 それにともない、過去の作品「愛と情」https://shobuwi.booth.pm/items/1873631、「哀と傷」https://shobuwi.booth.pm/items/2227049も、価格を見直します。

「愛と情」は3,500円、
「哀と傷」は4,500円とします!

うちの在庫ちゃんたちも、「やっと気づいたのかよオマエ!!!!」という感じでアップを始めたみたいです。

 こちらも今書き換えました!

 っはーーーーーー、めっちゃ怖い……

 

 世の中のCDが3000円ぐらいが相場なのは、それだけ市場が大規模だからです。
 お洋服で例えると、個人ブランドじゃなくて、巨大ブランドってことです。
 それと、「本物」の音楽はライブで届ける、というふうに価値づけられているというのもあるでしょう。音源はプロモーションで、あるいはフロントエンドってやつで、バックエンドはライブである、と。

 その規模で売り上げれば、単価が3000円でもペイするのでしょう。

 でも!!!!! わたしはペイしません。
 わたしは、もっと欲しいのです。だからペイしていないのです。

 それに、高いお値段をつけることは、別に道徳的にまずい所業ではないと思います。
 だって、同意しなかったら買わないでしょ。

 それから、「神話的存在」は、少し時間はかかるかもしれませんが、SpotifyやApple Music、YouTube Musicなどで聴けるように配信する予定なので、阿漕な商売でもないとおもいます。

 わたしが嫌なのは、学生に手が届かない音楽になってしまうことですが、
 YouTubeですでに無料で聴けるように、動画にして投稿したりYouTube Musicに配信したりもしているから、その懸念も既にクリアできているのです。

 だから、音源=商品には、わたしの欲しい値段をつけます。
 もう自分をごまかせません。

 音楽を作ることはわたしの喜びなのに、辛い労働になりかけていました。実を言うと。「哀と傷」から「神話的存在」までの間に……いや違うな、今年度(4月)に入ってから長いこと、CDを作るのに気が向かなかった理由は、それなんです。

 正直なところ、自分のこだわり率と、入ってくるお金が見合っている気がしなくて。
 だから、自分の大切な曲のはずなのに、こだわることが喜びにならなくて。
 タダ働きしているような気持ちになってしまって。

 だから、これからはもう、音楽CDの相場なんて知らないです。

 怖いけど、わたしが欲しいお値段をつけます。

 無理なんてしなくて全然良いので、もし、わたしのお値段に「いいよ〜」という方は、手に取っていただけたらとても嬉しいです!

 そうしていただいたお金で、今度はもっともっとこだわり抜いた曲を作るし、こだわり抜いた発送をします。

 よろしくお願いします。

 

 正直一番怖いのは、「親になんて言われるか」です。
 わたしはまだ学生なので、親の存在が大きいんですね。
 大学の学費も払ってもらっているし、仕送りももらっているし。

 でも、だからって引くわけにはいかないっていうか、自分の決断を信じたいんですよ。

 

 音楽を作る人、音楽をやる人、音源を作る人、もっともっともっともっと栄えて良いはずです。
 個人で宅録する人も。

 ずっとおかしいと思ってたんですよ、美術作品は、確かに一点ものだからかもしれないけど、高いお値段をつけられるのに、複製できるものだからといっても、音源は単価がそれほどつけられないみたいなのは。

 なんかちがうとおもう!!!!!

 周りの言う「当たり前」「そういうものだ」に「なんかちがうとおもう!!!!!」と叫びまくって早十数年……いろいろコンフリクトを起こしてきましたが、だから、この価格設定も、今更なのかもしれないです。

 昔っからはみ出しているのだから、今更。

 っふーーーーーーーーー…………………………。

 

 これからもがんばります!!!!!