Categories:

何もかも怖くて、自分が信じられなくて、また同じように苦しい思いするのは嫌だ、でもどうしたらいいのかわからないよ、苦しいよ、助けてよ……って、だいぶやばいパニックに陥ってました、こんにちは。

こんな気持ち久々だなあ。

どうしてみんなと同じようにできないんだろう。どうしてこんなに情緒が安定しないんだろう。毎日同じように動けないんだろう。

無理だよ。授業はすげー面白いんだけど、学校ってシステムつらすぎ。いつも同じようには動けないよ。元気な時もあれば鬱な時もあるし、今日みたいにドキドキして落ち着かない時もある。それでいてその1日1日が、過ぎ去って仕舞えばどうしてそんな気分でいたのかも分からなくなってることが大半でさ。

自分で自分が1番、そういう意味では信用できないよ。どういう意味かって、昨日と今日と明日の自分が同じであるかどうかって意味。

そんなわけないじゃん。

今日は風がとんでもなく強いので、外の天気に同調してるのかなーとか思ったりするけど。

何か大きな変化の前触れなんだろうなって思うけど。

でも書いてたら段々楽になってきた。

できることとできないこととか、好き嫌いとか情緒とか、そういうの平坦にするように教育されてきたし、そうでなきゃ社会でやっていけないよって言われてきたけどさ、本当にそうなのかな。

やめてよねって思いませんか。

どうして自分のままじゃいけないの。変われないわたしは生きてちゃいけないの。

ああ、書いてたらやっといつもの調子が戻ってきつつあるわ。開き直れるようになってきた。きっと大きく前進する前の揺り戻しなんだわ、これ。デカすぎでしょ、びびるわもう。やめてよー。

”ブログのネタができたからそれで許して“って、これを仕組んだ見えざるモノというか(それは内なる我=自分の潜在意識ってやつだと思うようにしてるけど)から返事が来た気がする。うん……それはそうなんだけどね? でもだいぶきっつかった。

けど、意外と生き延びられるものだね(パニック発作は「これが永遠に続いたらどうしよう、また来たらどうしよう、苦しすぎて死ぬ」という思いに取り憑かれてしまうものです)。分かってたんだけどさ。分かってても、パニック中はどんなに自分にそう言い聞かせても効果はない(パニックが終わるまで待たなきゃ恐怖がなくならないのはまあ、それが発作なので当たり前っちゃ当たり前なんですが)からめっちゃきついんだけどね。

数分前の自分じゃ考えられないわ。こんな風にまた書けて、誰になんと言われてもまあわたしはわたしだしみたいにまた思えるようになるとは。

後から振り返ったら、今日って日は何かの境目になるのかも。

こんだけきつかったんだし、そもそも今日は何か朝から落ち着かなかったんだよね。これはもしかして、いまのわたしにはよく分からない何かを察してたからなのかも。もしそうだとしたら、それがなんなのかは少し楽しみ。

けど疲れたー。よく行くお店でらーめん食べよっかな。

もう立ち直ったので、いま書き終えてこの記事の最初の方読み返したらもう過ぎ去ってる想いが書いてあってウケた。今泣いた烏がもう笑いすぎでしょ。あはは。