Categories:

 感想文なので報告文ではないです。
 報告文としては、
 第一回摂取の翌日夜から微熱が出ました。微熱だな〜ごろごろしとこ。ぐらいでした。
 第二回摂取当日の夜から翌日いっぱいにかけて熱が出ました。測ってないけど(そんな余裕はなかった)結構しんどかったです。でも一番しんどかったのはずっと寝てるせいもあって下半身の鬱血感です。
 以上です。
 っていうか今はその熱が出た翌日が明けた日で、一昨日ワクワクチンチン受けてすぐこのブログを書いていたので、予後観察は続けないといけない状況ですね。

 で、感想なんですけど、
 第二回摂取のあと、熱はまあ、いいんですけど、何が辛いって下半身がずっと凝っていて辛かったです。
 お尻周りの筋肉とか、あとあの〜言ってしまえば股が凝って凝ってしょうがなくて。ずっとマッサージしてました。膣のあたりも含めて。あと骨盤らへんをできる限りで回したり動かしたりね。
 とにかくあの辺、不調だとすぐ血流が滞るんだよな。ん? 滞ってるから不調になるのか? 多分両方。今回は前者。

 それでほぐれたのもあって、今頭がスッキリしてまた新しいことを思いついたんだと思います。
 子宮メソッド的には、股周りの血脈は縁の脈だからね。

 あの凝ってる感じ、だるい感じ、鬱血してる感じ、なんなんでしょうね。
 1日座りっぱだった後とか、寒い日の朝起きるとなってる感じとかにも近いです。
 冷えと隣接した症状だとも思う。
 頭は熱いし悪寒はするのに下半身は冷えてだるいし足先は冷たい、みたいな、ザ・不調って感じになってました。

 あの辺の血流回すための独自の体操とか編み出したい気分でした。多分編み出します。体操といっても気持ちいい感じに動かすだけだけど。

 股が凝るっていう感覚、実は結構たくさんの人にある症状な気がするけど、言ってる人まだまだ少ない気がしたので私も言うひとりになろうと思いました。
 絶対あるよねそういうの!!!!