Categories:

 一生懸命努力して、
 周りに嫌われないように、気に入られるように、平穏に過ごせるように必死で気も遣って、
 長いことしんどい場所で働いて、
 帰ってきたらすごく疲れていて、
 それで夢が叶うわけでもないし、
 結婚できないし子どもも産んで育てられるかわからないし、
 産んで育てるってなったら、そんだけ頑張ってきた仕事も辞めないといけないかもしれないし、
 そんで経済的自立を失くしても、結婚相手といつまでも円満にいくとは限らない。

 そんなの、やってられっかって感じ。

 そもそも「一生懸命努力する」時点で嫌。
 なんで自分以外のために努力なんてしないといけないの。
 なんで自分がやりたいことでもないのに努力しないといけないの。
 そうしないと生きていけない世の中なんておかしくね????
 人間、命さえあればいいのに。
 人間、命さえあれば、人それぞれ素晴らしい奇跡みたいな存在なのに。
 それを何、安い相場で市場価値に変換して売り買いしようとしてるのか。

 我々人間の生は、時間は、体力は、気力は、心は、もっともっともっともっと、お金で測れないなんて承知の上で、あえてお金にするなら、すんごいプレシャスで高級でハイブランドなはずなんだが?????

 だって魂ぞ?????
 生き様そのものぞ????
「人間の時間」なんて簡単な言葉になっちゃうとわかんないけど、それ、
「人生の一部」ぞ????

 最低賃金払えばいいとかそういう問題じゃねえんだよ。

(最低賃金が上がるのは必要なことだし良いことです。でもスタートラインでしかない)
(そもそも人を「最低限」のお金で使おうとする神経がクソ気に入らんということです)

 そりゃ、こんな社会じゃ、
 希望なんて持てないし、未来なんて無いよ。

 革命を起こさないといけない。
 それも、何かを打ち壊したり、何かと戦うというよりは、
 魂や人生の価値を問い直す革命を。
 人間の内側からの革命を。

 ブランド品がなんで高いと思う?
 それはそのブランドを作り上げていった、作り上げている人々のこだわり、つまり魂のお値段だから。

 でも、だから、限られた人だけがブランドを作れるわけじゃ、本当はない。
 人それぞれの個性、人生経験、価値観、こだわり、美意識、世界観があり、本来は誰もが自分というブランドを持っている。
 それは「ブランディング」なんて、わざわざする必要もない。
 ひたすら自分であれば、それだけで自分だけのブランドになる。

 それが生き様ということ。
 それが魂ということ。
 それが人生ということ。

 それが、命。

 なのに、それを買い叩かれているんだよ????
 それどころか、「そんなのブランドじゃない」とか、別のブランドを真似するように言われてるんだよ?????

 何よりも価値のある資源--という言い方はなんか引っかかるから、尊いし価値があるしそれをみんなが愛しているはずのもの--を封じられて、疲れ果てさせられているんだ。

 許しちゃおけんよこんなの。

 

 今はわたし、まだ何の実績もないけど、
 わたしはこんな社会を変えたい。

 日本の物価の安さって、世界の「先進国(この言葉あんま好きじゃないけど)」と呼ばれている国の中でも、やべーんだって。
 それって、それだけやっぱり、人々の人生が安く買われてるってことでもあるでしょ。
 そんなの、回るお金が全然大きくなるわけないし、ってことは、ずっと貧しいままだよ。

 だからさ、わたしは希望を溢れさせたいの。

 今はまだ、硬くゴツゴツした、わたしたちを覆う岩肌の隙間から、ほんの一筋だけ漏れているだけの光だけど、
 わたしはそこをめがけてツルハシやらハンマーやらでゴンゴンガンガン叩いて、岩を砕いて、その光をパァーーーッと広げたい。

 

 青空を見たいよね。

 

 ね、だからさ、わたしを見ててね。

 着実に変えていくから。

 

 あなたに、別の地平を見せてあげる。

 

 

 宵部憂