Categories:

 わたしは音楽についてのこだわりめちゃくちゃあるけどさ、
 そのこだわりを細部まで行き渡らせて音楽作ってるし、
「音楽やってます」って自己紹介するけど、
 音楽「だけ」をやってたい人間ってわけではないんだ。

 はしたないとか思われたらどうしようとかって、怖いけど。

 ほんとは音楽以外も作って売るみたいなことしたいし、
 服とか小物とか雑貨とか物販やりたいし、
 自分の経験を話すこともやりたい。

 それは全部、迷走してるんじゃなくて、ほんとにやりたいから、やりたいの。

「自分を売り物にする」って、聞いただけじゃわからないけど、物凄いタブーで、禁じ手なんだなって思う。

 自分はこれを専門ですって言って、専門性を売る、というのが、普通のお仕事でしょ。
 でも自分ビジネスは、「私だから」を売る、ということじゃん。

 それは、一番簡単だとされているからこそ、ものすごく難しいこと。
「自分ならでは」の価値を、自分が一番信じないと、当然お客さんにも信じてもらえないし、
 信頼が構築できなきゃ売れるわけがない。

 でもね、わたし、「お仕事」がさ、できないんだよ。
 自分の専門性を売ることができない。
 というか、専門性「だけ」を売ることができない。

 専門性「だけ」を売ることが、プロの仕事って言われたりする傾向もあるんじゃないかって思う。
 でもわたしは、本当のプロは、自分だけの仕事の流儀を持っているものだと思うから、「わたしは」があってこそじゃないの?とも思うんだ。

 自分を抑えて、お客さんを立てて、お客さんの要望通りに専門性を使う、というのがプロフェッショナルとは限らないよね。

 わたしは「お仕事」ができない、
 どうしても「でもわたしはこう思います」「わたしは自分で生きてみてこうでした」「だから絶対これが良いと思います」って、口を出してしまうし、口を出したくなる。自分の人生を語りたくなる。

 でも待って。
 確かに、自分の人生を語ることをお仕事にしている人は、たくさんいるよね。
 わたしだって自分の憧れの人の話は聞きに行きたいし、会いに行きたいの。そのためにお金も払いたい。

 わたしの周りには、なかなか自分の話をしてくれる人、多くない。
 あごめん、わたしの尊敬する人の中でも多くないってことね。
 わたしは、わたしの尊敬する人がさ、創作や仕事に対して何を考えてるのか、めっちゃ聞きたいのに。(なんで喋ってくれないのー!!!!😫😫😫😫😫)

 つまりさ、やっぱ、「わたしだから」を出して、それを根拠に何かを売ることが、やっぱ怖いよ。

 でもやりたいんだもん。

 しょうがないよね。

 

 わたしの夢は、わたしの「好き」、「こだわり」、全部をお金にすることです。