わたしと嫉妬とわたしの話。

 あんまり具体的なことを書くと身バレ的なことが起こる気がするので、抽象的なことしか書けないんですけど、わたしと嫉妬の歴史を書いてみますね。

 と言っても、わたしは何というか本当に色々恵まれていて、人に嫉妬したという記憶がぱっと思いつく限りでは2回くらいしかありません。

 あ、でも、子どもの頃に、子どもなのに有名になっている子に対しては幼心に嫉妬心を抱いていたのは確かです。「わたしだってもっとできるのに」ってね。
 それはまあ、確かにその通りだったと思います。わたしはもっと幼い時から良いところをもっともっと伸ばしてよかった。
 人の機嫌を気にしてキョロっている場合ではなかった。

 でも、それはトラウマティックな恐怖体験のせいだし、それがわたしの身に降りかかったことは、多分意味があったことだったのです。
 少なくともその恐怖やもだもだが無ければ、わたしは今のような凄みのある表現にはたどり着けていないと思います。

 若くして成功することだけが良いことではありません。
「成功」するということは、ひょっとしたら、一人で考える時間が少なくなってしまうということでもあるでしょうから。

 だって、成功したら周りに人がいっぱい来るでしょ。
 自分もまだ考えながら、時に揺らぎながら、手探りで活動していっているのに。
 周りの人が色々言ってくるわけで、その色々言ってこられることの一つ一つが自分にとって大切なものなのか、害をなすものなのか、とか、まだよく分からないうちから、つまり自分のことがよく分かっていないうちから、大勢の人の声や視線に揉まれるのも、それはそれで大変そうだなって思うのです。
 成功する前に迷走するのも、成功してから迷走するのも、どっちのパターンもあるよなって。
 だからどっちがより良いとか、どっちが勝ちとか無いなって、今は思えます。

 わたしは今の、
 色々経てきた、
 自分のことがよくわかっているし、
 わからない部分があることも受け入れられるし、
 わからない部分のせいで迷ったらその部分を「わかる」にしていけるし、
 自分のことを人に伝えられる、
 この自分が好きです。
 誇りに思っています。

 だから今は、嫉妬ってありません。
「あ、あの人のやってることいいなー(自分もいつかやろう)」とは思うけど、「あの人みたいにわたしもなりたいのに……!」とか、「わたしのほうがすごいのに……!」とかはなりません。
 人と比べて焦ることもない。

 あの人みたいにならなくていいし、なれなくていいし、わたしにはわたしの活動がある、って分かってるから。

 でも、昔はまだまだ自分の魅力を信じきれなくて。
 自分には何が合って、
 何が無いのか(そして無いことは悪いことではない)、
 自分が持っているものを何もわかっていなかったから、
 自分に似ていて、でも自分より人気な人が妬ましかったし、「わたしはあの人みたいになれない!!!」って絶望しました。

 あとね、自分が本当は「それ」じゃないのに、頑張ってなろうとしているものに、自分よりずっとずっとなっている人にもムカついたり「抜かされちゃう!」って思ったりしたな。

 でも本当は、それ、自分じゃなくて、「それ」になった方が人気になれる、受け入れてもらえる、って思うから、頑張って自分じゃ無いものになろうとしてた、だから当然抜かされるしそのことで嫌な気分になる(だって努力が実らないってことだから)っていうカラクリでした。

 具体的に言うと、頭が良くて、言うことがしっかりしていて、清楚で聡明な感じの優等生ですね。
 わたしはどうしてもそこに変人パウダーを振りかけてしまう自分が嫌だったんですよ。
 だってなんか、オタクっぽいし、美しくないなって。
 でも、喋りたいことはめちゃくちゃ早口で喋っちゃうし、わきまえられないし、喋りすぎちゃうし。
 たぶん、浮くし。

 ……いや、よくよく振り返ってみると、わたしが変人でいられるって、
 それだけ夢中になっていてかつリラックスできる場に身を置いているってことなので、
 むしろわたしにとってとても好ましい状態だったわけなんですけど。

 でもわたしは、その変人なところが受け入れられない(と感じた/察知した)場では、周りから浮かないように「頭が良くて、言うことがしっかりしていて、清楚で聡明な感じの優等生」を演じることで周囲に溶け込もうとしてきたわけです。

 だから、自分とペルソナが被りそうな人を見ると「抜かされる!」「この子に注目を全部取られる!」って焦り始める、ということが起きてました。

 だから思うのは、嫉妬って、

「(あの人じゃなくて)わたしを見てよ!」

 っていう自分の内側からの叫びなんだと思うんだけど、
 これって自分の本音(魂)が自分に向かって言ってるよねって。

「もっとわたしを理解してよ!」って。

「そんな他人のことばっか羨んでないでさあ! あんた(=わたし)にだって他の誰にもない、人が羨むようなものがこんなにあるのに!!!」
 ってね。

 だから、自分への不理解からくる症状なんじゃないかなーって今は思ってます。

 だからわたしも、何か脇が甘くて、嫉妬みたいな気持ちが湧いたら、
「わたしは何かを我慢しているのでは?」
「何か自分に制限をつけていて、自分の欲求を見ないフリしているのでは?」
「だから好きにやってるあの人に腹が立つのでは?」
「その制限とはなんだろう?」
「その制限は、何かの傷から来ているのでは?」
 ってまた謎解きをするチャンスと思おうと思います。

(「謎解き」とはなんぞや? という方は是非こちらを読んでみてね↓)

 今回はここまで。

 YouTubeだったらご視聴ありがとうございましたって言うところだと思うんだけど、ブログだとなんて締めたらいいのかな?
「最後まで読んでいただいて〜」だと重すぎる感じがしてさ〜。

 あ。

 ご読了ありがとうございました!
(う〜ん、やっぱ日本語おかしいかな?)

 調べたら、「ご清覧ありがとうございました」が使われるみたいです。
 いいかも。
 どんなアホなこと書いてても、この言葉で締めるだけで頭良さそうになるし笑

 はい。

 こんどこそ以上です。
 ご清覧ありがとうございました!

 宵部