Categories:

 今回は友人に言われた通り、真っ黒な感情を感情のままに綴ろうと思います。

 わたしは物わかりが良すぎる、大人になろうとしすぎるところがあって

 全然子どもとしての叫びが吐き出せてなくて

 それがずっと続いて、今もそうだから。

 親が自由に幸せそうに生きてないと子どもは困る。

 何にも希望が見出せなかった。

 自分の部屋で、親の立てる生活音にビクビクしながら、何を考えてたかも思い出せない。

 自分の創作が進まないことを自分で責めてたけど、無理もない環境だった。

 いつ親が部屋に入ってくるかわからないし、その時何かしていないと、あるいは何かしてたら何か言われそうで。

 勉強してるように見えないって言われた。

 確かにわたしは勉強を自分でしなくても、授業を聞いてると必要な成績は取れる子だったけど。

 親はそれが心配だったって

 他の子はもっと勉強してるからって

 わたしの成績見てたくせにね。

 わたしは自分は愛されてたんだ、幸せだった、恵まれてたって思わないといけないって思ってたけど

 母が自分は幸せだって言うから、わたしはそれを否定しちゃいけないって

 でも、わたしは愛されてたというより

 両親の生きる意味になってただけだった。

 このまま生きてても何にもないなって、わたしが居なかった頃親は思ってたって

 それでわたしが生まれたから、わたしを育てるっていう人生の目標ができてよかったって

 そんなこと言われても、迷惑。

 わたしを勝手にお前の生きる意味にするなよ。

 わたしの親をやることを生きがいにされても、わたしにはもう両親ともいらない。

 わたしの気持ちを何もわかってくれなかった。

 わたしは頑張って説明したから、その説明は聞いてもらえたけど

 でもやっぱりいっつもどこかで、わたしが考えてわたしが説明してわたしが頑張って

 正直言って、何の助けにもならなかったよ。

 そんな存在はもういらない。

 いらない。

 だから一人で生きられるようになりたいの。

 もういらない、触らないで。

 お前らのオナニーにわたしを付き合わせるな。

 面倒見てやったのにって言われてもいい、怒られてもいいよもう。いい子にしてたってどうせそんなことはいっぱい起きてきたんだ。

 好きにすればいい。

 殺してやる