Categories:

 

 要するに、愛されたかった。

 

 愛は惜しみなく与えるもの、って言葉の意味が、やっとほんとうにわかった気がする。

 愛は交換条件じゃない。

 プレゼントみたいに、与えて、もらって、おしまい。

 その「与える」「もらう」が、別の場面では逆転することもある、ってわけで、

 ギブアンドテイクって感じともちょっと違う。

 与えて終わり、もらって終わり。

 そこで「おわり」だからこそ潤う、それが愛の豊かさなのか。

「愛してる」も、今は困惑せずに受け取れるような気がする。

 言葉でも言葉じゃなくても、ただ伝えることだけが幸せだったんだね。

 だから、受け取ってもらえればよかったんだ。

 受け取ればよかったんだ。

 喜びたければ喜べばいいし、そうでもなければそれでいい。

 何かを返さなきゃ、って思い続けていたから、何かを返してもらえるはず、って人にばかり出会ってしまっていたのかも。

 喜ばなきゃ、って思っていたから、喜んでくれなきゃ拗ねる人にばかり出会っていたのかも。

 

 ねえ、「支え合う」って、ひょっとして結果論なの。

 支え合おうとしてするんじゃなく、自分が幸福を噛みしめるためにしたことが、まわっていって、支え合い、お互いを幸福にし合うことができる、そういうものなの?

 だとしたら、素敵だな。

 

 わたしへの愛は、プレゼントとして受け取らないとね。