Categories:

「これには絶対なりたくない」の底には宝物が眠ってるって憧れの人が言っていたので、愚直に考えています。わたしの「絶対やりたくない」はなんだろうと。
 それも、やったことあることでやりたくないことじゃなく、やったこともないのに絶対やりたくないと思ってること、らしいです。

 ……アイドル、かなぁ。と思いました。

 わたしはアイドルにあんまり興味がないので、周りの人がアイドルになりたいとかアイドルが好きだという話を聞いていると、「ほぇーー」と思います。何の感情も湧かないというか。
 共感するでもなく、嫌悪するでもなく。「そーなーんだー」という感じ。
 だから、アイドルに憧れたり共感したりする人の気持ちはあんまり良くわかりません。

 でも、衣装にも、ダンスにも、言わずもがな音楽にも、一人ひとりの個性にも(星占いや戦隊ヒーローやバンドやRPGのパーティなどが好きなので)、演技にも興味はありまくりなので、じゃあ何で興味ないのか? よく考えてみたらすごい疑問ですね……

 で、興味ないだけでなく、「わたしは絶対アイドルにはなりたくないなぁ」と思っています。
 じゃあ何でなのか……わたしがなりたいのは御神木なんです。応援されるより畏怖されたいというか……

 考えながら書いていきます。

 わたしは、そもそも、「キャーっ!」って感じの雰囲気が苦手です。自分一人で「キャーっ!」ってなる分にはいいんですが、そういう人間の氣が集まっている場所がだいぶ苦手です。
 だからそういう空気で歓迎されるのって居心地悪い気がするのです。
 いや、実際されてみたら気持ちいいのかな

 あっ!!!!!

 わかりました。
 人の目を気にするのがすごい嫌いだからです。

 アイドルだってうんこもするし、セックスもするし、悪口も言うし、鼻くそもほじるし、アホ面もするじゃないですか。
 そういうのを我慢したり見せないようにしたりしないといけないのが死ぬほど嫌だからです。
 それって隠す体力がめんどいし、嘘ついてる感じがするから。

 もちろん、だから、アイドルとして活動されてる方々はとんでもなくすごいということなんですけど、
 わたしは絶対それにはなりたくねぇ……って思ってたみたいです。

 ってことは、これは別に宝物が埋まってるやつとは違ったみたいですね……

 企画(?)としてはクソみたいな結論になってしまったので、
「こんなもん没だ没!!!!!」って破り捨てたい気もしますが、
 せっかく自分を掘り起こしてみた結果なので記念に投稿しておきます。

 

 宵部憂

 

 追記:

 そんなに人の目を気にするのが嫌ってことは、
 わたしはすでに人の目を気にしすぎているってことだし、

 そんなに汚い部分を隠すのが嫌ってことは、
 わたしはそれだけ人間の暗い部分に興味があるってことなので(暗い部分っつーか、みんなが隠すものだとしている部分。)
(……ようするに広義のエロガキってことか??? 隠されている領域にロマンを感じる)、

 宝物はある意味埋まってたかもしれないです。

 でもわたしが最初思ってた宝物っていうのは「やりたくないことこそやりたいこと」っていうやつだったんですよう……。゚(゚´Д`゚)゚。
 それとは違いました。

 人間の暗い部分に興味があるってことは、
 やっぱわたしのテーマは「メンヘラ」ってことなのか?
 メンヘラっていうよりは「病み」かな……
 病みと癒し。
「心の闇」っていうのがメンヘラよりは近い気がします(遊戯王クラスタ並感)

 でも、隠そうったって隠しきれないし、
 隠しておくべきとされてる場所にこそ、ものすごい力が隠れていると思う。