Categories:

 今まで、世界とか宇宙って言葉と、社会って言葉を、わたしは区別してきたね。

 社会っていうのは、大人たちの世界。
 みんなきちんと働いて、常識に沿って、大人らしい振る舞いができる世界。
 親が認めてくれる世界。
 そういうものを、わたしは「社会」と呼んでいたし、それを現実みたいに思っていたし、事実、それを「現実」として押し付けられてきたような気がしていた。
 一般とか普通とか言われている領域。
 厳しい現実、しんどい仕事、社会的責任。
 でも、……そんなふうに社会や現実を語ってきた大人たちは、実際、どのぐらい社会や現実が見えていたのかな。見てきていたのかな。
 それって、一方向からの視点じゃないのかな。

 わたしが経営の話が好きなのは、全く知らない社会の見方を知れるからかもしれない。
 政治や社会学を勉強するのが面白いのも、多分同じ理由。
 経営者になりたいのも、そういう理由があるのかも。

 だからさ、やっぱりどうしても、
世界ー宇宙ー夢ー多元的なものーわたしが息できる場所」と、
社会ー現実ー閉塞感ー画一的なものー息ができない場所」が、対置の関係にあるって思ってたの。

 あ、でも、違うのか。

わたしが社会」って、
 わたしの憧れの人は言っていたけど、こういうことだったの!?

 わたしは今まで、自分は今までずっと「子ども」と呼べる年齢だったからさ、
 わたしが何か言うと「あなたは社会を知らない」「だからそういうことを言うんだ」みたいに言われてきたから、
「あ、わたしは社会を知らないんだ」「社会ではこうなんだ」とか思い込んできたんだけど、

 あ、わたしが社会なの!?!?

 っそ、そそそそっか。

 あ、そういうこと!?!?!?

 わたしは、「今までは子どもだったからうまく言えなかったけど、いつかわたしの方が正しいって、社会に証明してやる!!!!」とかって思ってたんだけど、

↑「証明しなきゃ」についてはこの記事参照。

 わたしが社会なの!?!?!?!?!?

 っそ、そそそそっか。

 いやマジで!?!?!?!?

世界は自分で創る」も、そういうことだったの!?!?!?

 やば!!!!
 全然わかってなかったわ!!!!!

 あ、じゃあ、だから、そ、そっか、

 わたしにとってはどーーーーー考えたってこうなるでしょ!!!!!ってぐらい自明なことですら「あなたは社会を知らないから」みたいなこと言ってくる奴に対して、

「なんて非常識な人!!!!!」
で良かったのか!!!!!

 世界は自分で作ってるってそういうことだったのか!!!!!

 やば!!!!!

 社会の中で夢叶えるために使ってたわ!!!!
 全然違ったわ。

 イメージとしてはあれだね、自分の周りにいろんなものが集まって、それがわたしの「世界」「社会」になってる感じ?
 だから自分の周りを何で埋め尽くすかによって、世界や社会は作れる!的な。

 あああっっっそういうことか……!!!!!!!!

 なんてこった。

 いまわたしのなかではコペルニクス的転回が起きている……ッッッ!

 そっかだから、周りの人に自分のことを話して、たとえ賛同が得られなかったとしても、否定されたとしても、「わかってもらえなかった🥺」って思わなくてもいいのか。
 だってその人とは別の社会で生きてるんだもん。
 だから、わかってもらえなくても別に大丈夫なのか。
 ああああッッッなるほどッッッ………………!!!!!

 だから、証明も必要なくて。
 認められる必要もなくて。
 自分で作れるってことなのか……。

 ああ……そうか……

 みんながそれぞれのバブルの中にいて、
 バブルの自分側の面に写った光景=「社会」を見て、生きてるんだね。
 さらにそのバブルの中に、実際手に触れられる範囲の世界もあって。
 でもほんとは、そのバブル全部ひっくるめて自分なんだ。
 だから、自分の内側に世界も社会もあるんだ。

 ……なるほどぉ……!!!!

 

 ヤッッッッベーことに気づいちゃったな。

 これから何かが大きく変わっちゃいそうな予感。

 もちろん良い方向にね。

 わくわくどきどき。