Categories:

「しにたい」「きえたい」「いなくなりたい」「いなかったことにしたい」「意識がなくなっちゃえばいいのに」「いなかったほうが」「楽になりたい」「ころされたい」「隠居したい」「仙人になりたい」「わたしのことはもう死んだものと思って」の、先を、生きてきてよかった。

 ずっと、それを考えてた。

 生きてることは辛かったけど、死にたくなかった。
 生きたかった。

 できることなら、楽しく生きたかったけど、そんなの無理だって思ってた。
 好きなことで食っていけるなら、辛いことあっても耐えられるかなあ、とか思ってた。

 楽しく生きるなんて無理、とか、好きなことやるにしたって嫌なこともやらなきゃいけないんだ(これは父から言われたのを丸々信じちゃった)、って、思ってたから、もう何もかもしんどくなっちゃって、楽になりたいって思うようになってた。

 でも、やっぱり生きたかった。

 だから、なんとか生きていく方法を必死に探してた。

 そこで、心屋さんと、子宮委員長はると、Happyちゃんの本やブログに出会った。
「自分ビジネス」に出会った。

 びっくりした。
 やりたいことやって、やりたくないことやめる、
 自分の身体の快・不快と本音を大事にして、本音を言う、本音を生きる、抑圧しない、
 良い気分でいる、
 そういうことが大事だって言うんだもん。

 で、生きていくために当然必要な「お金」も、なんか、そうしてくと動いてくよって言うんだもん。

 マジかいな!?!?!?
 早く教えてといてよっっっ
 って思った。

 で、不器用だし、必死だし、まだわかってない部分もあるけど、そっちの方向を試してみてる。

 だって、それしかない気がしたんだもん。
 わたしが、生きたいって思える方向がね。

 もうわたしは色んなことがありすぎて、疲れすぎちゃって。
 こっちの道に全部で転がっていくしかないんだぁ。

 もう10年以上、「しにたい」の先を生きてるよ。

 でも、そうしたら、意外と道が見つかってる。

 大丈夫だよ。

 あなたは絶対大丈夫。

 

 10年以上「しにたい」の先を生きてるからさ、
 わたしって実は結構すごいのかも。
 わたしは自分のこと過小評価しすぎだったのかもね。

 わたしは思ったよりずっと不屈だし、
 ずっとものが見えてるのかもしれない。

 少なくとも、そんじょそこらの人よりよっぽど人生語れるね。笑
「しにたい」の先をどう生きるかという哲学的命題に、10~22歳の間の全てを使って取り組んできたわけだから。これからもそうなのかも?

 子供時代を「しにたい」で過ごした人もそうそういないでしょ。笑

 そう、わたしはシンガーソングライターになりたいという夢だけを支えに、
 杖みたいについて、えっちらおっちら人生という険しい山道を登ってきたわけです。

 まだしねない、わたしにしか書けない曲を、わたしはまだ世に出してもいない、だからまだ死ねない、って。

 最近険しくなくなったけどね。急に道が舗装されてきたし、ケーブルカーも開通したんだけど。笑

 だからさ、「しにたい」の先にも、たくさん道はあるから。
 命さえあれば、そこから無限の可能性が広がってるんだって今はわかる。
「社会」や「現実」すら、ゼロから創り出せるんだって。

 だから、生きていてほしいな。

 必ず、あなたの願いは全部叶うよ。
 叶わない願いなら、そもそも人間の頭に浮かぶはずがなくない?
 叶うから浮かぶんだって。
 そしてそれはあなたが生まれた意味のひとつ。無数にある、生まれた意味、生きてる意味の。

 生きていてほしいな。

 大丈夫。

 絶対に大丈夫だから。

 わたしがいるから。